blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シャンプー難民

2007年05月27日 21:32

なんだか私、現在シャンプー難民です。

すごくいいんだろうとふんでいた「アグロナチュラ ビオリーブス」がイマイチで・・・・

アグロナチュラって「アントスコスメシ社」と「ビオリーブス社」のがあって、「アントスコスメシ社」は石鹸タイプでビオリーブスはサボン草の「サポニン」という界面活性剤を使っているタイプ。

石鹸タイプで髪がごわごわになるのは耐えられない~!と思ってビオリーブスに。

でも、やっぱりごわつく。

髪の毛がばっさばさになって耐えられません!!


だって私の毛ってただでさえ剛毛でさ・・・
もうこのシャンプーだとほうきみたいになるんだもん・・ぐすん

今までアミノ酸系界面活性剤のものを使っていたのですが、かつての私は「合成界面活性剤は全部よくなーい!」と思い込んでいたので、アグロナチュラを買ってみたのですが・・

ビオリーブスのコンディショナーしてもこのぎしぎし感はぬぐえず。


で。家を掃除してたらアメリカ行ったときに買った「mop」が見つかった!!!↓↓

20070527210354.jpg


「mop」ってModern Organic Productsって意味なんだ・・・
初めて知ったよ・・・

コンディショナーは変な匂いがしたので捨てました・・・
シャンプーは結構いい感じだったので使い続けることにしました☆

ふぅ~とりあえず一件落着だけど、次のシャンプーどうしようかな。

シャンプー難民に愛の手を!!!


【余談】そういえば、アグロナチュラのシャンプーって防腐剤使ってないから、「何で防腐してるんですか?」って聞いてみたら、店頭では誰ひとりわからなかったみたいで、後日お電話いただけることに。
その後2週間後くらいに「ヨーロッパアカマツエッセンスエキスです」というお返事が。(忘れかけてたよ・・笑)

そして、「あの・・表示成分に間違いがありまして『ラウレス硫酸Mg』『ラウリル硫酸Mg』と表記してしまっているんです」ですって・・・

「ラウリル」と「ラウレス」ってだいぶ違いますよ・・・
いわいる「石油系合成界面活性剤だっ!」って忌み嫌われていたのが「ラウリル~」で刺激や脱脂力が強いのですが、それにPOEをつけて分子を長くして肌あたりマイルドにしたものが「ラウレス~」です。

でもサイトを見ると「ラウリス」って混ざっちゃってるよ・・・
おーい!しっかり~!

どちらにせよ、ちょっとアグロナチュラはパスです。
歯磨きも好きじゃなかったし、相性が悪いのかな。

ざんねーん!




スポンサーサイト



しゃばしゃば系の化粧水

2007年05月26日 15:43

コスメ・コムレイブリージングローションicon買ってみました☆

20070525204259.jpg


乳酸菌生成エキス(豆乳発酵液)が配合されてて、お肌の善玉菌を活性化してくれるんだよ~

全成分はこちら↓

水(ブライオゾーア抽出水を含む。抗菌水・ミネラル含有・遠赤外線、マイナスイオン効果)・BG・豆乳発酵液・海塩・アロエベラエキス-1・ダイズエキス・アルニカエキス・オトギリソウエキス・カミツレエキス・シナノキエキス・スギナエキス・セージエキス・セイヨウノコギリソウエキス・ゼニアオイエキス・トウキンセンカエキス・ヒアルロン酸Na
フェノキシエタノール
※フェノキシエタノールは植物エキスをアルコール抽出する際に用います。検出不可能なほど極微量ですが表示義務があるため表記しております。




この化粧水の保湿剤は「BG」メインですね♪
だからさっぱり系。
まぁ保湿剤の「BG」にも防腐効果はあるんだけどね・・・30%とかかなり多く入れないと難しいんですよね~


保湿剤の代表は「グリセリン」「BG」があります。
一般に「グリセリン」が多いとしっとり系で「BG」が多いとさっぱり系です。

私は全体的には乾燥気味でTゾーンだけオイリーな典型的な混合肌ですが、「グリセリン」が多い化粧水がすきです。

しかもこの化粧水植物エキスが多いですね~

もちろん植物の力ってすごいと思うんですが、個人的には植物エキスだけじゃまるで潤わないのですよね。
ヘチマ水ときゅうりエキスがあれば充分です。私的に。
(きゅうりエキスってなんだか好きなのです


じゃあなんで買ったかって・・・・まぁ勉強のために(笑)


つけてみると案の定私には かなりさっぱり!!


3回重ねつけすることで肌が見違えるほど変わります。




と書いてありましたが、まぁ肌が変わる以前にこれだけじゃ潤わないのでねぇ・・・残念です。

おそらくこちらはわりとオイリーなお肌にむいてるのではないでしょうか???

お顔には潤いを感じられなかった私ですが、体がむずがゆかったのでそこにつけてみたら、ピタっとかゆみが治まりました。


不思議っ!!


なのでボディローションとして使うつもりです~♪






新しいバイブル到着!

2007年05月23日 22:16

私の新しい美の教科書が2日前に届きましたー!↓

20070523214423.jpg


「化粧品中身の真相―本当のこと知っていますか」です♪




表紙には「化粧品をこよなく愛する著者が誤った情報や偏見を正す」とあります。
著者の角谷さんは化粧品メーカーにて10年間処方開発をされた後独立したまさに化粧品の現場と本質を知る人物。

この本を読むと一時むやみやたらに「合成界面活性剤が危ない!」とか「天然至上主義」を信じてきたことがガラガラを音を立てて崩れ落ちます。
どうやら私は化粧品の宣伝に踊らされ、本質を理解していなかったようです。


考えてみたら「石鹸」も天然界にいきなり石鹸があるわけではなく、これも合成物。広い意味では合成界面活性剤なんですよね(苦笑)
あと、「石油からつくられた合成界面活性剤は~」なんていわれますが、そもそも石油も天然の産物なんですよね~

この本では「石油系」だなんだとかそういったお話ではなく、分子レベルでお肌に対してどうかということを教えてくれます。

俗に言う「石油系合成界面活性剤」と言われているものでも分子を大きくして肌に深く浸透しないよう工夫されているものもあるということが理解できます。

私が「ビニールだ!」と忌み嫌っていたゲル化粧品のほとんどに入っている「カルボマー」でさえ、非常に安全な成分のようです。
(でも、私はカルボマー入り化粧品を使うとなぜかお肌の調子がよくないのであまり好きではありませんが・・・)

本を読んでいると「○○は危険!」といわれるものは現在ほとんど使われていないOR精製度が上がってもはや刺激物ではなくなっているのですね~


いや~読めば読むほど目からウロコですよっ!


パラベンや他の防腐剤のこと、ミネラルオイルのこと、ヒアルロン酸やビタミンCのこと、他にもためになるお話がいっぱいです!!!


正しい化粧品知識のために是非独りでも多くの方に読んでいただきたいですね☆





水分保持の要

2007年05月20日 13:41

巷にある「よさげ!」と思った化粧水をしこたま試しているmarikoです。


ちなみに私は目元・口元は乾燥・Tゾーンはオイリーの典型的混合肌ですが、化粧水を選ぶ時はグリセリンが多いものを選ぶようにしてます。

グリセリンは角質層下まで浸透し、水分を抱え込むので効果的☆
商品裏に書いてある全成分表で水の次に「グリセリン」がついているものはかなりしっとりするはず♪

グリセリン+ヒアルロン酸Naだったらさらにグッド!
ヒアルロン酸Naは逆に単体だとほとんど威力を発揮せず、グリセリンと一緒に使うことではじめて保湿性を発揮します☆
ヒアルロン酸Na自体は肌に浸透しませんが、お肌の上で吸湿性を発揮してくれるんですよ~

+水添レシチンが入ってると最強!
グリセリン+水添レシチンでさらに保湿力がアップします。
水添レシチンは角質層に入り込み、水分を抱え込みます。

水添レシチンは「合成界面活性剤だ」といっている人もいますが、
私はそうは思いません。
レシチン自体がそもそも体内にある物質で、バリアを壊すものではないと理解しています。
天然レシチンがとても劣化しやすいので水素を添加し劣化を防いでいるのが「水添レシチン」です。
レシチン自体が水とも脂ともなじみやすい性質があるので、天然の乳化剤としても使われていますが、乳化力はとっても弱いです。

これとおんなじ原理なのがスクワラン。

不安定で劣化しやすいスクワレンに水素を添加し安定させたのがスクワランです。

天然にこだわるあまり、酸化しやすいものそのまま肌につける方がリスクだと思うのは私だけでしょうか・・・?
(※天然モノを否定しているわけではありません)

そもそも、グリセリンを水で薄めて好きな植物エキスを入れれば化粧水は誰でも簡単につくる事ができます。
材料は薬局やハンズとかで売ってるしね(笑)

ですが、水添レシチン入れたり・・とか保湿性を高める工夫をしていることが「化粧水を買う」意味ではないかと思います。





皮膚常在菌の話。

2007年05月17日 11:17

ココ最近、「皮膚常在菌」関連の本を読み漁ってます↓

菌子ちゃんの美人法 人体常在菌のはなし―美人は菌でつくられる

この2冊↑は著者のセンセ同じ。

とても同じ人が書いたとは思えないほど「菌子ちゃん」の方はポップな感じ。読みやすいよ~

皮膚にはたくさんの菌がいるのですが、腸の中のように「善玉菌」と「悪玉菌」がいるのです。

代表的な善玉菌は「表皮ブドウ菌」「アクネ菌」で、皮脂や汗を食べて脂肪酸をだし、皮膚を弱酸性に保つのを助けています。
(「助けています」と書いたのは以前までは常在菌が弱酸性環境を作っていたとされていましたが、最近では弱酸性環境を作っているのは皮膚常在菌の働きだけではないことがわかってきているからです。美容と皮膚の新常識―美容皮膚科学は進化しています古い教科書は捨てましょう」より)

代表的な悪玉菌は黄色ブドウ菌です。


一般に健康なお肌はPH4.5~6.5の「弱酸性」で、外からの病原菌や雑菌をブロックしてくれるのです。

お肌が乾燥などでアルカリ性に傾くと、黄色ブドウ菌が繁殖しやすくなり、バリア機能が弱り肌アレを引き起こします。
一般にアトピー肌は黄色ブドウ菌がすごく多いといわれています。

アクネ菌はにきびの元として知られていますが、正常な働きをしてるうちはとってもお肌にいいのです。
(にきび肌の人はなるべく肉食を避けて、お肌を清潔に保ってね♪)

皮膚常在菌のバランスを整えるには


☆洗いすぎない(ごしごしはダメ!)

悪玉菌を退治するためにも洗浄・お肌を清潔にすることはもちろん大切ですが、ナイロンタオルでごしごし!はお肌にとってダメージ・・
手で優しく洗いましょう♪

☆必要以上の長風呂は避ける

お風呂に入ると善玉菌も流れて行っちゃうんです
でも、お風呂ってリラックスできるし気持ちいいですよね~
私はとりあえず朝・晩湯船に浸かるのをやめ、朝だけにしました。
(晩は早く寝たいのでシャワーで(笑))

☆適度に汗をかく!

汗は善玉菌のエサになりますので、適度にかくとお肌つやつやです♪


☆お風呂・洗顔後は弱酸性化粧水で肌のPHを整える!

善玉菌が活動しやすいように弱酸性の環境をつくりましょう♪


私が今作っている化粧水は善玉菌の居心地をよくし、悪玉菌は好まない環境を作るものです。もちろんそれだけじゃないですよ!
肌のバリア力を総合的にアップさせる成分を配合するつもりです!


どうぞお楽しみに♪





間に合った!

2007年05月14日 22:50

予約したの取りに行かなきゃ!取りに行かなきゃ!って思ってやっと今日取りに行ったルナソル↓

20070514224246.jpg


「あっという間に完売しました」とBAさん。

すごいねぇ・・・ルナソルってば。

んで。次なるシャドウの噂も聞いてきちゃった☆

今度は4色から5色になるらしー!!!

宝石がテーマでラメ感がキレイらしー!



ってことは・・・・


石光浄化ってか??


んなわけないか(笑)


秋の新色も楽しみですね~!





透明グロスがすき!今日のお買い物♪

2007年05月13日 22:35

わたくしの愛用はもっぱら透明グロス!

もともと唇が赤いので、色をのせるよりも、透明グロスでツヤを出した方がなんだかしっくりくるのです。
ってゆうか色つきだと「人喰ってきた」みたいになっちゃうの・・・(苦笑)

今回買ったのはテスティモ クリスタリッシュグロス↓

20070513220943.jpg



やはり、キャンメイクよりは潤う感じがする。





マジョリカマジョルカの限定ブルーのアイライナーもゲット!↓

20070513222805.jpg


超あざやかなブルーでなんだかウキウキしますっ!





UVカット手袋買いました。クルマを運転する仕事なので・・・

20070513223138.jpg


UVカット効果は白よりも黒の方が高いんですよねー
黒は熱を吸収するので熱いですが・・我慢我慢・・(笑)

仕事では日傘なんかさしてられないのでせめて手袋だけでも・・と思って。

手袋して運転ってちょっと運転手さんみたいだけど・・・(笑)


以上本日のお買い物でしたー!






Beauty World レポ!

2007年05月12日 15:25

年に一回の美の祭典「Beauty World」!!

今年は2回もいっちゃいました(笑)

でも今年はちゃんと「ビジネス目的」よ!

化粧品の容器とか、OEM会社さんを中心に回りましたわ。

今年はお買い物少なめですが、続きからどーぞ!




[Beauty World レポ!]の続きを読む

マスカラ浮気。

2007年05月05日 11:35

超愛用のカルディナーレ「ザ・マスカラ」がぱさぱさしてきたので、

同じくお湯で落ちるグランサンボンのマスカラ買ってみました↓

20070505111747.jpg


下マツゲに塗ってみると・・・

ザ・マスカラに比べて液が若干緩めで艶もある!!!


と思ったのですが・・・

上まつげについてはさ~

最近は前にも紹介したキャンメイクのクイックラッシュカーラーを下地にして、カール固定させてからマスカラ塗るのね。

そうするとせっかくの艶が半減!!(。◕ฺˇε ˇ◕ฺ。)

残念ざます。

全体的の感想はこんな感じ↓

ボリューム  カルディナーレ>グランサンボン
長さ     カルディナーレ>グランサンボン
液の艶    カルディナーレ<グランサンボン


カルディナーレの全体的な機能はすごく満足で、ブログにアップした時は最高だったんだけど、使っていくうちに夕方とかにカスがぽろぽろおちてくるようになっちゃって・・・

かなりのマイナス点だよね~まぁ劣化してくるししょうがないんだけど。

今のところ、グランサンボンは大丈夫。液がゆるいしカスがでてこないことを祈る!

まぁボリュームとかは何度か重ねれば出るわけで・・・我慢我慢。(笑)





やっぱり買いました。

2007年05月04日 20:57

今日はRMKの10周年の限定モノ発売日~!

ラメ好きの私はやっぱりメタリックパウダーアイズの13番をゲット!
(13番自体は限定じゃないけど、パケが限定♪)

メタリックパウダー

20070504205345.jpg


シルバーの11番はパケなしで買ったので、パケが入手できてうれしい(笑)

やっぱりこのラメパウダーとっても便利!

最近ブルーシャドウ×ゴールドラメとかパープルシャドウ×ゴールドラメみたいな組み合わせがお気に入りです♪

早速ヘビロテの予感です~!






最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。