blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



お見舞いと私なりの支援

2011年03月17日 18:38

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震で、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

私は当日作業場で仕事をしていたときに地震があったのですが、怪我もなく、また商品などの損壊もなく幸い無事です。

とりあえず当日はテレビで得た電車の再開情報をtwitterでつぶやいたりしていて、友達に「あれ、助かった~」と言ってもらえました。

地震から明日で一週間がたとうとしていますが、私にできることはなんだろう・・と日々考えています。

まず、被災しなかった人達が経済活動をやめてしまうとそれこそ事態は悪化する・・と考え、今まで通りの生活を心がけています。

とはいえ、ガソリン不足ということもあり陸の孤島(私は神奈川の西麻布とかねてから呼んでいます)の我が家はなにぶん身動きとりずらいのも確か。

うぅぅぅと思っていましたが、今日、ジャーナリストの佐々木俊尚さんの 記事 でみつけた 日本ユニバ のページをみて、自分なりの支援ができるかも・・と、日本ユニバの物資受付窓口宛にミストラルコスメティクスとして利用しているアスクルで消毒液54リットルを注文&寄付

日本ユニバによると、阪神淡路大震災では煙たがられた中古の衣服も津波で濡れたままの方達には必要だということで、洗濯済みの衣類も受け付けています。ということで本日3箱出荷済み!!フリースとか暖をとれるようなものをメインに入れました。

外箱にこんな感じで何が入っているか書くと仕分けの時に便利かと思います。

P1020114s.jpg


そしてパッキングの時にはゴミ袋などの袋に衣類を入れてから段ボールなどにつめると、もし段ボールが濡れても中の衣類は濡れません!!!


今まさに何が必要かというとやっぱり物資、現物支給なのかなというのが私の印象です。
もちろんなんにでも換えられる「お金」は絶対に必要ですが、今はお金を持っていてもガソリン不足で買いに行けない、買いに行っても物がないなど、私の周りでもそうなのだから被災地ではもっと切実だろうと思います。


実はミストラルコスメティクスでは15日に仙台でサンプリングを行う予定でした。
サンプリングの会社さんから「この地震で仙台無理なので、サンプリングの場所変えますか?」と言われましたが、


「いいえ。変えません。」


と返答しました。ただ、今は物流がダウンしているのですぐには難しいと思います。
ですが、必ず仙台に届けます!!!仙台の皆さん待っててね!!!!


まだまだ余震が続きますし、みんな不安で怖くて押しつぶされそうだと思います。


でも、私達が日本を支えなくてどーする!


の心意気でいる笹本でした。


日本ユニバへ支援物資を送りたい方はこちらをチェックしてね!!!↓

日本ユニバ

スポンサーサイト



ラジオ出演のお知らせ

2011年03月04日 19:17

・・・・・もう電波ジャック以外のなにものでもないのですが、先日FM西東京の番組にゲスト出演してきました。


FM西東京    伊藤幸久のBIZ DESIGN!

3月5日 AM8:30~9:00

3月12日 AM8:30~9:00



西東京住民じゃございませんという方でも、全国から聴くことができるらしいです。こちら からどうぞ。


私の学生時代から社会人時代、そしてなぜ起業に至ったのか・・みたいな話をしてます。
まーでも社会不適合な私なんで参考にならないと思いますけど・・・

「しゃべらなければいいのに・・・」と何度言われたことか。というmarikoですが、どんな感じのしゃべりなのか興味のある方はぜひ・・・(苦笑)





やっぱマリコデラックスで行く。

2011年03月03日 00:45

なんだかあっという間に2月が終わって3月って・・・・
1月体調不良すぎて生きてた思い出ないし、クウェートいって(もう半年前ぐらいの余韻感ですが)自分の会社の決算月忘れててやべぇ!ってセール突入し・・・
やっぱりズッコケ気味のパラサイト三十路女marikoです。皆さま今期もお買い上げありがとうございました。

本日は書きたいな・・と思いつつ、割と放置してた本をご紹介します。


こんなオトコの子の落としかた、アナタ知らなかったでしょ

こんなオトコの子の落としかた、アナタ知らなかったでしょ


買ったのだいぶ前だったので覚えがないのですが、もう新品は買えないみたいだから私も中古で買ったのかな・・??(ボケですまん)


こちらの高山真(たかやままこと)さんを知ったのはoggiだったかなんだったかちょっと大人の働く女子向け雑誌に「高山真の相談コーナー」みたいなページがあって、それがおもしろかったから本を買ってみたの。ちなみに高山さんはゲイです。以下マコト姉さんと勝手に呼ばせていただくわ。

「真剣に付き合いたいけど、この人!という人に出会えない。言い寄ってくるそれなりの人と食事いったりしてますが・・・これってダメですか?」みたいな相談だった気がするんだけど、

「別にいいと思うけど・・・私はケーキが好きなんだけど、毎日そこそこのケーキを食べたいというよりも、3日我慢してもすっごい美味しいケーキが食べたい派なのよ。だから私はそこそこの男には時間をかけないタイプ」みたいな返答しててラーメン好きとしてはそのたとえの的確さに深くうなずいた次第です。

かくいう私は「自分がやったことは自分にかえってくる」ってのが人間界のルールだと思ってて、それが一番顕著に表れるのが恋愛だと思っているので、そこそこの人になんとなく気があるようなそぶりを見せて自分の都合のいいように相手をあしらう的な事は、そうすることで、いつか自分も一番大事な人にそういう扱いを受ける気がして怖くてできないタチです。
もー私中2ぐらいの時に結構モテてて、その時に男子をもてあそんだ罰が30歳の今でもかなりキテる気がするもん。カルマってやつですよカルマ。
今傍若無人にやっちゃってる人、くるよ~熟年離婚。←嫌な奴。

本に戻りますが、まぁ本の成り立ちはマコト姉さんがいかにしてストレートな男子を落としてきたかっつーウェブ上での連載+書き下ろしっていう内容です。
「あ。そういうのは見えないところでやってくれるかな」的な性描写もあるんで(笑)好き好きは分かれる本とは思うけど、なんていうか言葉のチョイスが私は好きでした。

ちなみにマツコデラックスとかもでてくるんだよ。ゲイの世界狭。

私の心に残った一節達をご紹介するわね!


「美」って「ギャグ」じゃない。「武器にはなるけど、正義ではない」という点で同じだし

まさにその通りですよね。しかも期限付きの武器。
美人って男子にとっては喜ばしい存在かもしれないけど、女子にとってみれば「いい意味でも悪い意味でも存在そのものが脅威」だったりする。美しさという武器はそれだけで無意識に相手にプレッシャーを与えたりするし、結構扱いが難しいものよね~
ま、世の中うまく渡っていくには美しさという武器はもちつつも「丸腰のふり」するのがいいと思うわ。
そして自分の生きざまという正義を見つけるべし。


「人は一人じゃ生きていけない」という言葉は正解だとは思うけど、それが恋人である必要は必ずしもないんじゃないか、とも思うの。もちろんこんな性格だから、友達だって決してたくさんいるわけじゃないけれど。
「恋がいつでもいちばん大事」なんて生き方はできないわ。保険かけてないのと同じだし。
仕事してお金稼いで、っていうのがないと、別れることも含めて、自分から起こせる行動の選択の幅がせまくなるばかりよね。


今は「死ぬまでなんか仕事したい~」とか思ってる私ですが実は大学ぐらいまで専業主婦になりたかったのよね。
父と仲睦まじく、父を支える母をみてて「女の幸せはこれだ!」と思ってた。
でも、社会にでて仕事って面白いなと思った事で考えが変わった。で、結婚したり子供産んだりしても自分のペースで好きに仕事できるように独立をもくろんだわけです。
ま、そこそこ仕事してれば最悪独り身のままでも、生きていけるしね。(この性格だからねぇ・・・)

なんというか自分の役割(ペルソナね)はいくつかあった方が実は生きやすいのではないかというのが私の自論。
ボランティアでもいいけど、自分というパイを占めるものが「妻」とか「母」以外の役割、社会との関わりがあった方が切り替えがうまくいくんじゃないかと。ほらカメラも3脚でたつわけなので、3つぐらいの役割はほしいなと私は思ってるのです。
ということで、働くお母さんに優しい国になっとくれ日本。


マコト姉さんが敬愛しているという「ジャンヌ・モロー」のインタビューでの一節。
結婚が一年で終わったことに対して。

私も間違っていたけれど、彼も、私を自分に従わせようとしたのは間違いよ。私は誰のギフトにもならないわ。

あーあたしもこの手の女です。死ぬまでじゃじゃ馬。喧嘩上等。
正直自分を自分で飼いならすのも一苦労。でもいいの。現世ではあきらめてるから・・・


正しさは人の数だけあるのよ。それがわからないのなら、アンタはアタシより6つも年下なのに、すでに頭の固まったオヤジって事よ

うげ。私もよく忘れるのよこの事実。
自分は救世主面してるけど、実は相手に迷惑かけてるっていうアレよ。カダフィよ。
こういうのっておりをみて、ちゃんと教えてくれるオトナが近くにいるといいわよねん。厳しい事言ってくれる人を遠ざけちゃダメね。


若さって呪縛の別名でしかなかったわ。

そうよ。若さは確かに素晴らしいけど、年重ねなきゃわかんないこともたくさんあるわ~


「冷たい人」呼ばわりされるのを承知でいうけれど、アタシは、それが家族であっても、愛情や敬意を自分に示してくれる人でなければ同じものを返す気はないの。~中略~
「親しき仲にも礼儀あり」なんて言葉が、最近、いっそう重く感じられるわ。
もし、ひどい家族を愛せない悩みを抱えている方や、愛という名を都合よく利用して、自分を縛りつけてくるような家族に悩む方がいらしたら何がしかのご参考にしていただけると嬉しいのだけど。重い十字架も「いつでも外せる」と思えば気もラクになるはずよ。


人と人とをつなぐのは敬意です。それがないならとっととその関係から逃げるべし!!


オトコの見切りは早く。仕事の見切りは慎重に。

(笑)(笑)(笑)


誰と付き合おうと誰と結婚しようとあなたの人生はあなたのもの。
オトコじゃ埋められない部分は絶対にあるの。オトコじゃ埋められない”幹”の部分を”何か”で満たすのに時間がかかるんだったら、その作業に集中することもオンナには不可欠だと、アタシは断言するわ!



それにしてもゲイってマツコデラックス含め、言いたいこと散々言ってもなんか許される存在でいいよな~(笑)
mariko、十分言いたいこといってるじゃん。って思われる方いるかもしれないけど、これでもかなり抑えてるのよっ!実際のあたしなんてもっとひどいのよっ!!!
私もゲイキャラでいこうかな。ということで、これからはマリコデラックスキャラでいくわ。たぶん。


ちなみにこの本はブックオフいきにはせず、手元に置いておくつもり。
歯切れのいい言葉は私の栄養剤よっ!!!








最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。