blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



キラキラアクセ THE CANDY STONES の時期がやってきた!

2014年06月30日 19:23

ひゃっはーーー6月が終わるよーーーー2014年も半分終わっちゃったよーーー

もう明日から7月!夏本番!

ってことで・・・・・今年も THE CANDY STONES が大活躍の季節到来♪

この間、旅行につけていったら「それかわいい!どこの!?どこで買えるの!?」とおばさまに声をかけられ、結局差し上げました・・(笑)ので、今年はプラチナムを新調!!

fc2blog_20140630190347f9e.jpg


fc2blog_20140630191622115.jpg


水着のために~っていうアクセだけど、私はもっぱら普段着にがんがん使ってます。っていうか夏以外もめっちゃつけてる。
むしろ、冬とかの服のトーンが落ち着いた時にこそ、この輝きがすごくよくて、年中つけてる。

本当にこれつけてると、「どこの!?えっ!安!!!私も買う!!」って人が後を絶たなくて、私の周りのカブり率がすごい(笑)

ライブとかでもめっちゃ目立つよ~♪


THE CANDY STONES






スポンサーサイト



incosmetics 2014 最新化粧品原料などなど

2014年06月29日 23:17

つい最近フランスの原料メーカーさんのところに出張いってきたのですがね・・・

そういや・・・4月のドイツのincosmetics(インコスメティクス)の事もまるっと書いてなかった・・・と思いまして。

年間を通してヨーロッパ、アジア、今年はブラジルでもやるみたいなんですが、基本一番盛り上がるのは、4月に行われるヨーロッパ。
化粧品原料ってヨーロッパの会社が多いのでね。

今年は、ドイツのハンブルクで行われまして。

fc2blog_2014062920024281d.jpg

毎年参加されている方から話を聞くと、今年はわりとこじんまりだったとか・・・
やっぱりパリ開催とかの方が盛りあがるみたい・・・まぁ、基本出展者さんも半分遊びに来ている感じですしね・・・(笑)

そんな状態とまるで逆の私は、開催がドイツだったから行ったといっても過言ではないぐらいで、この2年ぐらいずっと行ってみたいな・・・と思っていたのですが、「え!!今年ドイツ?行く!」ってなった初参加の私。
もうなんなら、ただただドイツに行きたいっていうね。そのぐらいドイツって好きな国で。とにかく街の感じが好き。


メッセがあるダムトーア駅

fc2blog_2014062920015687d.jpg


どうでもいい話なのですが、私がドイツについた翌日からルフトハンザの大規模ストがありまして、3日間まったくルフトハンザが飛ばなかった。
一日遅かったらどうなっていたか・・・ヨーロッパって・・・ストという恐ろしい不可抗力があるので、本当に余裕をもってというか気長にいかないとね・・・
ま、私は運よくまぬがれたのですが、もちろん予定通りこれなかった人とか、帰れなかった人とかわんさかいたでしょう・・


話を戻しますが。
基本的に、ヨーロッパの会社の原料は、ディストリビューターさん(代理店、商社さん)が輸入して、それをうちが(正しくは工場が)買うという商流なので、私がこの原料展に行っても直接原料を仕入れたりするわけではない・・・基本、ヨーロッパの原料トレンドなどなどをいち早くリサーチするみたいな目的で私は行きました。

で、特に毎年注目しているのが、アワードのノミネート原料ね。
今年のイノベーティブアワードのノミネート8原料はこちら。

fc2blog_20140629200739f36.jpg


はい。みなさんから見るとちんぷんかんぷんですよね。

各社のブースとは別に、アワードノミネートブースみたいなのがあって、そこにこんな感じで原料が紹介されてるんですよー

fc2blog_201406292004580ff.jpg

fc2blog_20140629200635343.jpg

イノベーションアワードでは、今年は、

1位がガテフォッセ社のEMULIUM® MELLIFERAという機能性乳化剤(界面活性剤)、PEGフリー

2位がインデュケム社のRedensyl®という育毛成分

3位がリポテック社「塗るボトックス」として有名なアルジレリンとロイファシルというシワ用のペプチドミックス原料


でした。

でもさ・・・1位が超地味・・・・

普通は「本気でシワ消すぜーー今までのアプローチとは違う方法でやっちゃうよ!」とか「環境汚染ストレスから肌を守るぜ!環境ストレスでもめっちゃ老化するからね!」とか、いわゆる有効成分などが受賞することが多いので、「え?乳化剤?」という感じでした。

乳化剤とかって「基材」と呼ばれるんですが、化粧品の基礎骨格の部分の成分の事です。
いわゆる油とか乳化剤・界面活性剤やトロミを出すための増粘剤などなどが基材と呼ばれます。

ぶっちゃけ、化粧品ってこの基材でどんな油選んでるかとかどんな界面活性剤使ってるかとかが超大事で、肌に合うか合わないかのほとんどは、有効成分ではなく、この基材次第なので、正直大事なのはだんぜん基材なんですけどね。

でも、イノベーションアワードで、しかも1位が基材というのが、個人的には「まさかの基材かーい」って感じでした。

あと・・・育毛剤はね・・・毛包幹細胞に着目したっていうものなんですが、最近ドイツの大手メーカーとかでもスカルプケアの原料でましたーとか言ってたし、ちょっとブーム?

3位のは・・・3位はなんか・・・もともとある原料をミックスしたものなので、個人的には「うそーーーん、イノベーティブではないやん。あわせただけやん。」感がすごくて。

あと、シワ対策ペプチドだったら、アルジレリンよりもシンエイクの方が私、好きなんです。ペプチドの働き方が。
シンエイクってあの「蛇毒の模倣ペプチド」ね。

でも、リポテック社のアイセリルっていうペプチドは、アイパーフェクションに入ってまーす!
目の下のたるみ(水分たるみタイプ)に効くっていう原料です。

あと、おおぉ!って思ったのが、ビタショットに配合しているビタミンCのデメリットをケアする「ビビリウム(ルリゴクラクチョウカ種衣エキス)」、この原料が昨年のPCHiという中国のパーソナルケア展示会の美白アワードを受賞したと、この展示会で知りました。

fc2blog_2014062920083063c.jpg

覚えてます?

ヘモグロビンの分解過程のビリルビン。

これ、「酸化」によって分解される。つまり、ビタミンCなどの抗酸化剤を塗ると、分解されずに黄くすみやクマの原因になることも・・・

ビタミンCなどの抗酸化剤が働いている状態でも、ルリゴクラクチョウカ種衣エキスを配合すると、ビリルビンが分解される。
んでもってさらに、コラーゲン産生も増やし、顔色を整える原料です。

この原料と出会ったからこそ、ビタミンCのデメリットまでもケアできるならミストラルでもビタミンC製品つくろう!と思ったので。
おもしろい原料を探す嗅覚が、トリュフ探す豚並みにキレキレのmarikoです。

ビタショットのポイントは、ダイレクト型のビタミンCで、さらに濃度が高めということだけではなく、ビタミンCのデメリットもケアするというところなんですよ~


まぁ後はですねー、引き続き人気のテーマは「厳しい環境で育つ植物や、微生物(プランクトン)からとったエキス」には人間の肌にもいい影響をもたらすはずーっていう感じの「スパルタン環境系」や、

持続性考えると植物エキスよりも酵母由来の原料の方が地球にやさしいっしょ!とかっていう「サステナビリティ重視系」、

効き目。とにかく効き目。っていう「鬼ペプチド系」などなどですかね。

この3つのテーマは今後ミストラルでもどんどん取り入れていく予定ですのでお楽しみに。

これはうちわの話なんですが、最近中国の化粧品表示名称対応のために、表示名称(化粧品の裏にのる全成分名)がおかしなことになるケースが多くて、超ヤダ。


ハンブルグの街並みなどなどはまたの機会に。


ではでは。


blogbanner_234-60_0814a.jpg



最近お気に入りの靴とか

2014年06月17日 13:40

ここのところ、ピン!とくる靴ブランド。

fc2blog_20140617131119d89.jpg


Carolinna Espinosa

なんかよくGILTに出てくるのでついつい買っています。
今回パンプス買って、あれ・・・?この箱・・と思ったら数か月前にブーツも買ってました。(GILTで)


つま先がメタルとかもツボなんですが、このヒールの形とか・・

fc2blog_201406171311346a7.jpg


後ろにもメタルが施されてるのとか・・・・♥


fc2blog_2014061713133658f.jpg

このちょいハードな感じが好き。私と同じテイストな方は、ぜひぜひGILTをチェックしてみて。


あ。ちなみに私髪ちょっと黒くしました。


fc2blog_20140617131719004.jpg


ここ数か月の髪色ったら、相当ちゃらすかしきってたんですが、今の私のベンチマークこの方↓

fc2blog_201406171326343d7.jpg



りえちゃんに 「壇密!?」 って言われましたが、違います。


9musesのギョンリです。

9musesってばまー最初の頃、少女時代のパクリ感が満載で、イマイチぱっとしないなーって思ってたんですけど、昨年イベントで9muses踊ってる子たち見てたら、「あら、曲結構いいじゃない」と思いましてね。

なんとなくチェックするようになったんですが、モデルドルと言われているだけあって、とりあえずMVが美意識を刺激しまくります。
なので私は曲だけ聞くというよりも、MV見るって感じです。

このギョンリの写真はwildっていう曲のカットですが、もうね、冷静に見るとオカメなんですよ。でも、いちいちエロい。いちいち妖艶。自分が男だったら、「っがーーーーーあの女気になる!!!」ってなる絶対。

wild のMVペタリ♥




で、この髪色にしたいとAgeeの松本さんにムチャブリ。(これはglueって曲の時のギョンリだけど・・)↓

fc2blog_20140617132537aa4.jpg


でも結構近づいた。(写真だと伝わらん・・・)


fc2blog_20140617131735bed.jpg


あは!
ということで、黒めの髪に赤めリップが今の気分です。


ま、基本的に、私、一般的な流れとは逆に夏は黒めの髪、冬にはっちゃけた髪色が好きです。


blogbanner_234-60_0814a.jpg




TCC ベストドレッサー賞副賞もろもろ

2014年06月06日 15:30

シャネルのバッグ以外にもめっちゃいろいろ頂いた副賞。ありがとうございまーす!!

My Little Box さんのBox♪

fc2blog_20140606144718552.jpg


my little box


今まで、コスメのサンプルが届くボックスはいろいろあったけど、なかなかバレッタとか小物が入ってるものってなかったよね・・・
このバレッタすごくかわいかったので、早速活躍しておりますよ。


続いては、クラブツリー&イヴリンさんのギフトセット!

fc2blog_201406061447513ea.jpg

ちなみに、わたくしこちらの石鹸を下着入れに忍ばせております。
洗剤や柔軟剤で肌荒れするので、あまりイケイケの香りの洗剤を使えないこともあって悲しいので、こちらの石鹸で清潔感のある香りを漂わせようと。うふふ。


続きましては遺伝子解析ダイエットのd-studioさんから

fc2blog_201406061448231c5.jpg


社長直筆の副賞・・・恐れいります。


続きまして、沖縄の古宇利島(こうりじま)にあるワンスイートホテル&リゾートの宿泊券~~~

fc2blog_20140606145506436.jpg


離島なのかと思いきや、沖縄本島の北部から橋でつながっている島みたい。あーーーー海きれーーーーい。

こうり島

お部屋は2つしかないんだそうで、とってもプライベートな雰囲気。

パノラマ
テラス


一緒に行く人がいない・・・けど、頑張って見つける。今年中に。(切実)


そしてそしてファンデーションではどっぷりお世話になっているカバーマークさんからはスキンケアセット♪

fc2blog_20140606144855ba9.jpg


そしてただ美味しい澪。(右のお酒です)

fc2blog_20140606144655ae5.jpg


澪ほんとうにおいしい~~~私、みかけによらずお酒に弱く、弱いだけじゃなくて、お酒をあまりおいしいと思わないタチですが、澪は本当に飲みやすいし、くせがないし、おいしい。箱買いしたい。


と、たくさんの副賞をいただきました。本当にありがとうございました~!!!


blogbanner_234-60_0814a.jpg




カラコン消費者庁の調査が怖すぎる

2014年06月05日 21:16

そろそろくだらないK-POPネタなどをぶちこみたい気分なのですが、消費者庁のカラコン調査が驚愕だったので自分的にまとめておきたい気持ちもありこちらに記事をアップしたいなと。
私もカラコン使ってるし、切実。肌もそうですけど、目も自分が死ぬまで付き合っていかなくちゃいけないから大事にしないとね。
そもそも消費者庁が調査をするってよーーーっぽど目のトラブルの報告多いのでしょうね。
私もそうですけど、ネットで簡単に買えちゃうからね・・・カラコン。

さて、それではそれでは。

消費者庁が調査したのはこの銘柄↓

コンタクト
コンタクト2


●レンズ直径●

直径の基準の表示許容差を超えちゃってたものは2銘柄。
直径14mmと記載してあったら、許容差はその±0.2mm以内、つまり実寸が13.8~14.2mmだったらOKというのが基準だそうです。

こういうのって、製造業に携わったことがない方だと、え!14mmって書いてあったら14mm以外ダメでしょ!と、基準を「点」でとらえがちなのですが、実際ものを製造すると、どうしても誤差がでてくるものなので、こういった基準は●●~●●以内であればOKというような幅をもたせるのが通常です。
これは化粧品でも食品でも車でもなんでもそうなので、ぜひお知りおきくださいませ。

ちなみに直径表示NGだったのは

8.ボシュロムナチュレール と 15.tutti VANITY Rich ・・・



●ベースカーブ●

こちらも表示されたものの±0.2mm以内が基準。こちらにおいてはなんと5銘柄もNG
いやいや・・・ベースカーブって付け心地に結構影響しますから・・・

5.エルコンワンデーポップ
8.ボデュロムナチュレール
9.2ウィーク ビューティー
12.Twinkle Eyes Secret Series(1か月)
14.Angel Color Banbi series



●レンズ中心部の厚さ●

レンズの厚さは酸素供給、酸素透過率に影響するそうです。
レンズ中心部の厚さは銘柄間で最大2倍の差があったそうです・・・

コンタクト3


はいはい。びっくりしたのが、3.シード Eye Coffret アイコフレですよ。
-3.00D(表示)と-4.00D(測定) と度数は違えど、表示値と実寸が2倍違うよ・・・

一日タイプだと、7.キュートビュー1が一番薄いんですね。


●着色状態の視察●(たぶんこれが一番重要な気が・・)

もうこの項目は最初から驚愕。

コンタクト4


着色部分がレンズに埋め込まれているよ♪ っていう表示はまったく信用ならんということでよろしいでしょうか・・

11銘柄がNGなので、逆にセーフだった6つを下記にまとめます。

4.ワンデーアキビュー ディファイン
10.2ウィークアキュビュー ディファイン
11.candy magic
12.Twinkle eyes
14.Angel color Banbi series
16.TeAmo

これ以外は着色面が一番外側にあったそうです。
また、まぶた側、角膜側など詳しく知りたい方は、http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20140522_1.pdf をチェックしてみてください。

っていうか、ワンデーアキュビュー以外一日タイプは全滅ですね。おぉぉぉぉぉ
そして一か月タイプとかのほうがちゃんと着色面を埋め込んであるものが多いんだなぁ・・・

たーだーし。14.Angel color Banbi series については、着色部分がレンズの縁からはみだしていたものがあったそうで・・・

コンタクト5


レンズの縁が色素でぎざってるとか、こわいよーーー


●レンズケアによる色落ち●

これも大事!!下記方法でテスト。

コンタクト8


15.Tutti VANITY Rich がNG・・・

コンタクト6


ワンデーは使い捨てタイプなので、本来ケアはいらないのですが、一日タイプを再使用したことがあるというアンケート結果があったことから調べたそうです。

2.ワンデーアイレリアル・・・↓

コンタクト7

上記2銘柄がNGだったようです。


●コンタクトレンズ矯正視力●

コンタクト9

あははははーー

でもこれね、私も感じてました。
つけた途端になんとなく視界が曇るものもあるし、クリアなコンタクトすると同じ度数なのに見え方全然違いますもん!!

ちなみに、低下しなかったものは

6.フレッシュルックデイリーズ
7.キュートビュー1
8.ボシュロム ナチュレール
16.TeAmo


です。

●眼障害●

これ、詳しくはhttp://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20140522_1.pdfを見ていただくとして、個人的な備忘録として・・・

角膜への酸素供給不足が原因で起こる角膜のむくみである「角膜浮腫」のリスクが比較的少ないとされるレンズ

4.ワンデーアキビューディファイン
6.フレッシュルックデイリーズ
8.ボデュロムナチュレール
10.2ウィークアキビュー ディファイン
13.DOLLY POP


治療やコンタクトレンズ使用中止の対応が必要な程度の角膜上皮障害のリスクが少なかったのは

2.ワンデーアイレリアル
4.ワンデーアキュビュー ディファイン
8.ボシュロムナチュレール
13.DOLLY POP
15.Tutti Vanity Rich

だそうです。
要注意の中では、14.のangel color Bambi は30%の眼で、臨床的な対応が至急必要と判定されたそうです。


結膜上皮障害のリスクが少ないとされるレンズは

4.ワンデーアキビューディファイン
10.2ウィークアキビュー ディファイン
12.Twinkle eyes secret series
13.DOLLY POP

だそうです。
これまた、14.angel color Bambi は70%の眼で臨床的対応が通常必要と判定されたそうです・・・


普通のクリアレンズに比べて、すべてのカラコンで臨床的な対応が必要な事がある・・という結果がでたそうですが、
臨床充血のリスクが比較的少ないのは・・・

2.ワンデーアイレリアル
4.ワンデーアキュビュー ディファイン
6.フレッシュルックデイリーズ
7.キュートビュー1
10.2ウィークアキュビュー ディファイン
11.Candy Magic
13.DOLLY POP

で、輪部充血の原因は、タイトフィッティング(カーブが合ってない)と酸素不足によるものだそうです。
これも14.angel color Bambiは要注意と・・・


総括での要注意レンズは


7.キュートビュー1
9.2ウィークビューティー
12.Twinkle eyes secret series
14.Angel color Banbi series
16.TeAmo

でした。


ちなみに私がよく買ってるヴィーナスアイズはどうなんだろか・・・
というか今回の結果みると、やっぱりワンデーアキュビューだなって思いますね。
でもあれずれるんだよな・・・ずれるってことは、張り付いてないからいいってことなのか・・・

とりあえず、私は、眼科には必ず3か月に1度は行くようにして検査をしっかりやっていて、今のところ問題はないですが、
やはり、カラコンは特別な時などに限定して毎日つけるのはやめよう・・と思いました。眼は大事だ!!


上記は調査の一部になりますので、もし、詳しく見たい方は

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20140522_1.pdf


をご確認ください。

個人的な備忘録のためにまとめたものになりますので、調査結果は自分の眼で確認していただくことをおすすめします~


では!


blogbanner_234-60_0814a.jpg



日焼け止めの話

2014年06月02日 19:57

そろそろ皆さんからの

日焼け止めつくってください!!

おすすめの日焼け止め教えてください!

というご質問が多くなる時期ですね。

毎年、サンスクリーンを作ってほしいというご要望はたくさんいただくのですが・・・・あいにく予定はございません。

繰り返し聞いてる方も多いのでアレですが、理由その1、資生堂様やらロレアル様の日焼け止めフィルターの研究にかないません。
ま、とはいえ、結構ケミカルな成分バンバンなので、合わない人にはどうしたって合わないんですがね。

その2、あんまり「ミストラルっぽい処方」にならない。つまり、すでにどこかにあるようなモノになってしまう。

それはなぜかというと、日焼け止めって作るのが結構難しいんです。

酸化チタンという紛体をどこまでいれるか、沢山入れればSPF上がりますけど、入れすぎるとダマになったり、白くなったりするし、紫外線吸収剤もすんごい溶けづらい原料なんで、これを溶かし込むのが大変。

業界では「安定した処方」みたいな言い方をよくするんですが、作ってしばらくしても水と油が分離しないよーとか、粉がダマになったりしないよーーとかっていう「時間がたっても変化しないもの」を作ろうとすると、もうその処方にあれ足して~とかこれ抜いて~とかできない事が多く・・・だもんで、俗にいう「ミストラルっぽい」のが出来づらいんです。

ちなみに、日本ではノンケミカルノンケミカルって、吸収剤嫌われていますけど、ヨーロッパだとナノ化酸化チタンを避ける傾向にあるのでむしろ吸収剤をよく使っていて、ベビー用でも吸収剤オンリーの日焼け止めがあったりします。

そして、吸収剤そのものが合わないっていう人もいると思うんですが、吸収剤って溶けずらいので、それを溶かすための油とかが合わない人っていうのもいらっしゃるかと。

吸収剤がいいのか悪いのか、ナノ化酸化チタンがいいのか悪いのか、いろいろ議論はありますが、もうね、正直紫外線による害のほうがどっちよりも多いと思うから、ある程度「肌が荒れなきゃなんでもいい」ぐらい腹くくるしかないと私は思っている。

ただ、ここ数年いろいろ日焼け止め使ってきて思ったんだけど、やっぱり酸化チタンをわっさり使ってるモノのほうが焼けない気がしている。

あと、吸収剤入りの日焼け止めって塗ってるとなんか熱い気がする。

ちなみに、日焼け止めとファンデーションの主成分って一緒ですからね。酸化チタン。

この人は白い紛体だから、日焼け止めでもファンデーションでも「白浮き」問題が付きまとうんですね。

この白浮き問題を克服するために生まれたのがナノ化酸化チタンね。小さくしちゃえば白く見えない。という原理。

で、カンのいいあなたはもうお気づきかと思いますが、日焼け止めとファンデの主成分が同じ・・・ということはつまるところ、ファンデーションをがっつり塗っていれば、日焼け止め効果はないわけではない。

ファンデーションでSPFが書いてなくても、本当の意味でゼロって意味ではなく、SPFを測っていないか(安くはない)、SPF10ぐらいだと、書いたら書いたで「SPF10って!!!(怒)」と消費者に怒られるのがわかっているからもうあえて書かない。とかメーカーさんによっていろいろな事情があるのかな・・と。

という理由から、私は基本顔に特別な日焼け止めを使ったりとかあまりしません。
だっていまどきファンデーションでSPFなしとかって、あまりないですよね。そもそも。
シスレーぐらいか・・・シスレーのファンデ使う時は、一応下地でSPF入りを使用しておりますが。

今年は、カバーマークの下地コネクティングベース・ビーナスデコにSPFもPAも入ってるし、肌荒れしないし、もうそのまま行くつもりですし、むしろサングラスとかで目を守る事の方が大事だなーと思ったり(目で紫外線を検知すると、メラニン製造指令がでます)、はたまた今年はちょっと焼いてみようかしらとか化粧品会社らしからぬ事を考えてみたり。

ボディは、基本的に資生堂のアネッサが軽いテクスチャーで好きなんですが、海とかでやっぱりこれ焼けないかも!って思うのはDHCのホワイトサンスクリーンです。



これは吸収剤不使用で酸化チタンのみだけなんですけどね、しかもSPF35とか心配だ!!とか思うんですが、これを塗ったところと、うっかり塗り忘れた足の甲とかの焼け方がけっこう違う・・・ので、海とかではこのDHCとアネッサダブル使いとか、なんやかんやDHCを挟み込まないと不安な私(笑) あくまでmariko比ではありますが。


さて、毎年のことなのですが、日焼け止めにまつわるコレだけは覚えておいてをまとめて。


①石鹸で落とせます は信用するべからず。

きちんとクレンジングするに越したことない。


水っぽいテクスチャーのものに多い「石鹸で落とせます」フレーズ。
細かい話をすると、まぁ処方にもよるんですが、高アルカリでポリマーが崩れるから、石鹸で落とせるという事になっているものもあるので、お使いの石鹸やボディソープが高アルカリであるかどうかなんてPH書いてあるわけでもないし、よくわからんでしょ。

とりあえず、いかなる場合も、クレンジングをmarikoは推奨。私はボディもオイルクレンジングしてます。
ミストラルのをボディにも使うのはもったいないよーという方は、ボディだったらドラッグストアの安いのでも全然OKかと。

とにかく、ミストラルでは、「石鹸で落とせます、洗顔料で落とせます」は信用してはいけない。が鉄則です。
肌は自分で汚れを落とせない事を忘れないで!!!


②SPF50とかのパウダーだけで過ごすのは危険

去年おととしぐらいからですかねー結構出てきた、パウダータイプで、SPF50とかちゃんとある!っていう商品。
でも、これ、パウダーだけだと、たぶんムラになって焼ける。

marikoの考える完璧なUVフィルターとは、液体やクリーム+パウダーですので。

例えば、液体だけでもよれるんですよ。あと、テカるしね。
そして、パウダーだけでも、肌の上に均一につかない。パウダーっていうのはそういう宿命なんです。

つまるところ、液体とかクリーム状のものを塗って、さらにパウダー!っていうのがよい日よけと思います。液体やクリームのテカりを抑えてくれたり、よれにくくしてくれるし。
なので、液体の上に塗るパウダーとして使うならいいですけど、パウダー単体でSPF50!安心~と思うのはやめましょう。
あと、SPF50もあるようなパウダーはだいたい、吸収剤をパウダーにまぶしてあると思うので、合わない人は合わないです。
酸化チタンの粉だけでSPF50だそうと思ったら相当キシんで、使い心地悪いはず。


ちなみに私がもうこれでいきますって言ってるのはこれ↓カバーマークのコネクティングベース ヴィーナスデコ。いわゆる液体もの。




なんかね、これつけてから、フローレスフィット塗ると崩れないんですよ。さすがコネクティングだけあるなと。

ただ、夏を越すのは初めてなので、日本のとんでも湿度を乗り越えられるのかまだわかりませんが、ぎりぎりまでこれとフローレスフィットで顔は行く予定です。あ、ちなみにフローレスフィットの上にはレブロンのスキンライトパウダーです。もう何度も言っててしつこいよね(笑)

ということで、今年のmarikoのUVフィルターは液体+液体+パウダーという感じになっております。



最後に、吸収剤の種類がよくわからない。どれが吸収剤なのか・・・というあなたにはこちらの記事をおすすめします。

ちなみに、日焼け止めで「ノンケミカルを選ぼう!」と気を付けてても、結構ファンデーションには平気でよく入ってる吸収剤。
吸収剤合わない人は、ファンデーション選びの時も気を付けてくださいね。


では!!


blogbanner_234-60_0814a.jpg









最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。