blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



プラセニストについて詳しく 2 ~シミ対策ペプチドについて~

2016年07月29日 17:39

ペプチド好きが止まらない。

今回は、医薬品開発も手掛ける日本のペプチド研究会社のペプチドを採用しました。

メラニン生成のブロックっていろんな方法があるんですけどね、また絵心ないわたくしの図で恐縮ですが


メラニン


主には、

◆メラニンの発注を減らす
◆メラニンをつくるための原料を減らす
◆メラニンの表皮への輸送を阻害する←最近流行っている

などなどなんですけど、今回のペプチドは、メラニン工場のやる気をなくさせるというのがポイントです。

メラニン工場にしか存在しない物質(ムスカリンM2)に着目して、それらをレセプターブロックすることで、メラニン工場の稼働率を下げることが目的です。なんでやる気をなくさせるのかというと、働く人に必要な栄養素の補給を減らすからです。

ちなみに、このペプチドのすごいところは、メラニン工場である色素細胞にしか存在しない物質に着目しているところ。
そうじゃないと、表皮のターンオーバーとかの稼働率とかもさげられちゃったら困る。だから、メラニン工場だけをターゲットにしているというところがポイントなんです。


で、こんなデータがでています↓

ヘキサペプチド

メラニン生成阻害率なので、値が高い方がいいわけですが、ビタミンC(L-アスコルビン酸)よりもいいですねぇ♪


そして、実際に人の皮膚での色むら試験でもかなりむらがなくなってる。

ヘキサペプチド2


個人的に、美白の目的って「白くなりたい」というか、「色むらをなくしたい」んだと思うんですよね。
実際に、美白の化粧品で顔全体に塗って、顔全体のトーンが上がると、シミが目立ってみえることがあると思うんですけど、それってトーンの差が埋まっていないからなんですよね。
やみくもに白くしたい!というよりも、シミを目立たなく、全体のトーンが均一になった方が綺麗だと私は思います。
なので、今回は、皮膚のデータで色むらが目立たなくなってるな~と私が思ったものを配合しています。

シミ対策・メラニン対策を考えた時、私が書いた図のように、発注減らす・原料減らす・輸送阻害などいろいろな角度からアプローチする必要があります。
今回のペプチドのようにとても新しいアプローチはもちろん、他の部分にも対応する成分をいろいろ入れていますので、次回に続きます!


placenist_640x640_160725a.jpg

PC → http://www.mistral-cosme.com/products/placenist/

スマホ → http://www.mistral-cosme.com/smp/item/108.html



スポンサーサイト



プラセニストについて詳しく~前提として、美白化粧品ついて考えてみよう~

2016年07月28日 16:34

プラセニストの本題に入る前に、美白化粧品についてまとめておきたいと思います。

まず、化粧品と医薬部外品の違いをざっくりと。

医薬部外品・・・定められた有効成分を規定量配合することにより、効果効能がうたえる(いわゆる「薬用美白化粧品」)
化粧品・・・配合原料の規制は少ない・薬効があってはいけないとされている

それでは、医薬部外品の有効成分を確認してみましょう。カッコ内は通称です。

プラセンタ
アスコルビン酸リン酸マグネシウム(APM)
アスコルビン酸リン酸ナトリウム(VCPNa)
アスコルビン酸グルコシド(AA2G)
α-アルブチン
コウジ酸
4-ブチルレゾルシノール(ルシノール)
エラグ酸
カモミラET
リノール酸リポソーム(リノレックS)
トラネキサム酸
2-ヒドロキシ-5,5-ジプロピル-1,1-ビフェニル(マグノリグナン)
アスコルビン酸エチルエーテル
4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4-MSK)
アデノシン一リン酸二ナトリウムOT(エナジーシグナルAMP)
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)
4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール(ロドデノール)
トラネキサム酸セチルエステル(TXC)
ナイアシンアミド

香粧品学会誌 vol.39 参照



これらが厚生労働省で承認されている美白成分です。

で、これらの成分を規定量いれて、さらに商品の承認をとると薬用美白化粧品として売ることができます。
この、「規定量」というのがポイントで、例えば、1%と決められているものは、0.5%でも2%でもダメ、絶対に1%なんです。(2%入れたほうが効くとしても!)

ちなみに、上記のアスコルビン酸エチルエーテルは、ビタショットに配合していますが、規定量よりも多く入れたかったので薬用(医薬部外品)にしていません。

そして、上記の成分は、大手化粧品各社がそれぞれ自社開発をして、特許などでおさえ、その会社でしか使えないものも多いです。
(わかりやすいのがロドデノールかな?ロドデノールはカネボウ独自成分のため、カネボウしか使えませんでした)

ということは。

大手の独占からはみ出て、いろんな会社が自由に使える美白成分というのは、アスコルビン酸うんちゃら・・というビタミンC系が多くなることがなんとなくわかるかと思います。

そして、どの成分をどれだけ入れるのかは、決まっています。

つまり。

薬用化粧品の処方ってけっこう似てしまう。

ということがおわかりいただけるかと思います。
これ、美白に限ったことじゃなくて、育毛剤とかもそうですね。薬用モノは似てる。だって似ざる負えない。決まったものを決まった分量配合っていう約束だから・・・

医薬部外品は、有効成分以外の部分も配合できる成分に規制があるんですよねぇ・・・
というか、「化粧品は本来効果があってはいけない」とかいう前提もなんならおかしいし、「医薬部外品と化粧品」ってこんな変な分け方しているの日本ぐらいなので、やめちゃえばいいのに・・・と思っています。


ともあれ、こういった前提を踏まえて、ミストラルの製品はより成分選定の自由度が高く、もっとアグレッシブに効果を求めるため、医薬部外品にしていないということをまずご理解いただきたいと思います。



で、ジミーーーに有効成分の一番上に「プラセンタ」ってありますね(笑)
今回の主役はプラセンタ。
今は、プラセンタ=サプリ みたいなイメージが強いですが、その昔、ビタミンCがこんなに世に出回る前は、美白=プラセンタっていう時代がありました。
一時、瓶に入ったプラセンタ美容液がすごーく流行りましたよねぇ・・・・遠い目。

正直、私もプラセンタはほとんど注目してなかったんです。

でも。一時お客様とのやりとりで、「プラセンタ」というワードを立て続けに聞いたことがあり、


プラセンタにはプラセンタにしかできないことがあって、
プラセンタに対する信頼度がとても高い方が一定数いらっしゃる


というふ気づきを得た時がありました。
正直、100%プラセンタ美容液!という瓶に入ってるような製品も改めていくつか買ってみたんですけど、それには本当にプラセンタエキスしか入ってなくて、保湿剤とかも入ってないから、それだけじゃもちろん潤わず、いつものお手入れにプラスという感じも面倒くさいなーと思い(しかもすごい高い)、他にも気になっていた美白原料がいくつかあったのでそれと組み合わせてミストラルならではのプラセンタ美容液を作ってみよう!と思ったのがきっかけでした。


で、さらに、旧アクアベルタから現在のスキンディレクションに至るまで、私が大好きな酵母エキスを提供してくれている会社から、


イオン導入されているエステ様にて、他社品の美白原料を色々と試したなかで、弊社のウマプラセンタが一番効果があったとのことでした。




なーーんて話を聞いたり、かたやもう一つの仲良くしてもらってる会社からも


うちのブタプラセンタは、窒素量が違うということで、地味~にロングセラーです。




ということを聞いたので、


うーん・・・・じゃ、両方いれちゃおっかな。


ということで、ウマ&ブタのダブルプラセンタがメイン原料になりました☆
プラセンタにはあまりにも昔からある原料すぎて、今風のキャッチ―なデータがないのが残念なんですけどね。
でも、元々自黒だった私が大学生ぐらいでぐーんと白くなったのはその時流行ってたプラセンタエキスのおかげだと思っているので、確信はある(笑)


次回に続きます。


placenistsmp.jpg

PC → http://www.mistral-cosme.com/products/placenist/

スマホ → http://www.mistral-cosme.com/smp/item/108.html




instragramはこちら♪
http://www.instagram.com/mistralmariko/

blogbanner_234-60_0814a.jpg


↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




プラセニスト発売開始しました!

2016年07月27日 14:01

新しいシミ対策プラセンタ美容液「プラセニスト」が発売となりました~♪



placenistsmp.jpg


PC → http://www.mistral-cosme.com/products/placenist/

スマホ → http://www.mistral-cosme.com/smp/item/108.html


さっそく続々ご注文いただいておりましてありがたいです・・・・涙


馬&豚のダブルプラセンタ × シミ対策ペプチド × ボタニカルエキス



という3つの要素で攻める美白という感じです。
ポイントは、ビタミンC誘導体を使ってないってところですね。

即効性があるビタミンCは、美白美容液に限らずけっこういろんなところに、あるときはドーンと、あるときはひっそり配合されていますが、なーんか世の中の美白美容液がしっくりこないなーキシキシするなーという方、ビタミンCが合ってないのかもしれません。

そんな方はぜひ試してみてくださいね☆

さっそくご注文時にサンプルを試されたお客様からうれしいコメントが☆


EXPよりも好き!
翌朝の化粧のりが違うし、艶出ます。




ありがたいですねぇ
今回プラセンタも2種類配合しているというところと、シミ対策ペプチドが結構面白い成分なので、それらは改めてご紹介します!



instragramはこちら♪
http://www.instagram.com/mistralmariko/

blogbanner_234-60_0814a.jpg


↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




美ST 9月号にちんまり載ってます

2016年07月25日 20:24


わたくし、9月号の美STにちんまり載ってます。


美ST


ウォーリーを探せぐらいの勢いですが、ぜひ見つけてみてください(笑)
近くに仲良し理恵ちゃんもいます。つーか理恵ちゃんのブログみるとどこに載ってるかわかるけど(笑)

美ST、ターゲット年齢のお悩みの切実さがドビンゴすぎて、めっちゃためになります・・・


instragramはこちら♪
http://www.instagram.com/mistralmariko/

blogbanner_234-60_0814a.jpg


↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村



美への道は険しい~パンチャカルマ編~

2016年07月24日 22:39

パンチャカルマというのは、アーユルヴェーダの心身浄化法のことで、2週間ぐらい施設におこもりしてアヴィヤンガなどのオイルマッサージから食べるものからすべて体質に合わせてプログラムされ、出てくるころにはなんだかいろいろスッキリ!!


というものです。ざっくりですが。


一番最初にパンチャカルマの事を聞いたのは確か、某雑誌の編集者さんから。
で、その後、西麻布のスワスティヤというアーユルヴェーダサロンで、


○もともとアーユルヴェーダはインド発祥だけど、スリランカの方が施設は整っている。

○高城さん(沢尻エリカの元旦那)は年に1回スリランカでパンチャカルマをやるらしい。

○その高城さんも、もともとは知人がパンチャカルマをやって別人のようになったことをきっかけにはじめたらしい

○パンチャカルマは白髪にきく。っていうか全部に効く。


とかいろいろ教えてもらったのが2年前ぐらい。


それからずーっと私の中で


(´-`).。oO(スリランカでパンチャカルマやりたい・・・・.


って思ってました。


でもです。知らない土地にいきなり2週間とかきつい。
もちろん施設の相性もあるけど、それ以前に、この国合わないなーってなったらつらいから一度下見にいきたいとずっと思ってて。
しかもなんだか最近化粧品原料でもアーユルヴェーダ的なのが多くてトレンドになってるし!!!


で、もう行けるのここしかないっ!!って思ってむりくりこの間行ってきたんですけど。


初日から壮大な自然=壮大な虫の洗礼をうけ、なんか眠れない状態が続く
夜のヤモリがやばい



美味しいと聞いていたスリランカカレー、実はココナツミルクをめちゃ使っててほとんど食べられず
(私はココナツミルク嫌い。けど、日本人女子ココナツ好きよねーーーだから美味しいと言われてたんだ・・・)



もちろんホテルのスパにもヤモピーとかいて全然落ち着かない



ホテルが湿気で滑りやすく、思いっきり階段で転んで腰を強打



歯磨きもすべてミネラルウォーター、生野菜は食べず、カレーも食べていなかったのに、食あたりにあい、スリランカの病院へ



一人で歩けないぐらいの体調で車いすで帰国の途へ



香港のラウンジでヌードルバーをみつけ、2日ぶりぐらいの食事としてラーメンを食べてちょっと生き返る



日本に近づくほどにだんだん元気になるも、帰国後そっこうで土用で私のいろんなものがスイッチオフに



ようやくなんとか生き返る  ←イマココ



でして。今まで何度となく海外に出かけていて、病院に行ったのは初めてだったし、最初から「うっこの国無理かも・・」と思ったのが運のつき。強運のわたしにしては珍しく、どんどん悪いことが続いてしまいました。
今回は、スリランカという国をざーっとみるというのがテーマで、いいなーという地域があったらそこで施設を探してパンチャカルマしにこようと思ったんですけどねーもうスリランカは無理だわ私。残念。


いやーでも日本人たくさん来てるらしいです。パンチャカルマしに。本当は14日ぐらいあるとベストだけど、なんだかんだ5日間ぐらいからもできるみたい。
ネゴンボのジェットウィング アーユルヴェーダ パビリオンズは、すんごいドクターがいるらしくて、めっちゃオススメ!って言われました。(私が泊まったのはジェットウィングラグーン・・・)

スリランカの写真は、インスタにあげていますので、そちらをご覧いただくとして。

今回は1つのところにずっと滞在したわけではないので、転々とホテルメインで施術を受けたのですが、なんか赤いオイルを使ってるところがあって。(本当はちゃんと体質に合わせたオイルを使うんでしょうけど)

一応ハーブのお店に行ったときに赤いハーブオイルも含め、いろいろ買ってきたんですけど、

image1_20160724221417716.jpeg

何が入ってるの・・?と聞いても「めっちゃたくさんの種類のハーブ」としか答えてくれず、もちろん全成分表示もなく、途方に暮れています・・・(笑)


で、このスリランカの旅は、おなじみ愛ちゃんなんかもパンチャカルマに興味津々だったので、レポ楽しみにしてる!!と言ってくれていたんだけど、愛ちゃんもココナツカレー嫌いらしくて、私も無理じゃん・・って白目向いてました。

自然と言えば虫はつきものなのに、私なーんでそこすっこっと抜けて大自然に踏み入ってしまったんだろうか。誰よりもコンクリートジャングルを愛しているのに。
思えば東南アジアとかいたわーヤモリ。忘れてた。熱くて海辺でってつったらいるわなそりゃ。
もうまた、ジェフリーバワ先生の建築が自然と溶け込んじゃってるからなおさら。反対に自然好きにはたまらないと思います。自然と一体になりたい方はぜひ。

とはいえ、リゾート建築を世に広めたバワの建築は本当に素晴らしく、今では当たり前のインフィニティプールなども、ここからはじまったんだ・・・と思うと感慨深いものがありました。


あーでもアーユルヴェーダへの興味はやっぱりぬぐえないので、寒い時期に北インドの方のラグジュアリーな施設に行こうかな・・・
北インドは冬は寒い=虫も少ないし、カレーもインドのはほんとーーーに美味しかったので大丈夫な気がする・・・なんてぶつくさ言ってたら、愛ちゃんに「真理子さんは南青山のマハリシでいいよ。むしろマハリシがいいよ。」って言われましたとさ(笑)


最後に。
わたしも土用まっただ中でどんよりしておりますが、皆さん今体調とかなーんか気が滅入ったりとかしませんか?
それ土用のせいかもしれません~
夏だけじゃなくて、年4回あるんですけど、わたしなんか調子でないなーというときは必ず土用。夏の土用は7/19 ~8/6で、次の土用は10/20から11/06です。要注意!


instragramはこちら♪
http://www.instagram.com/mistralmariko/

blogbanner_234-60_0814a.jpg


↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




「まとめ買い割引」 はじまります!

2016年07月03日 14:48

このたび、ミストラルコスメティクスでは新しい割引サービスをリリースしました!!(※期間限定ではありません)


matome_640x640.jpg

対象商品一覧は

PC → http://www.mistral-cosme.com/bulkoff/

スマホ → http://mistral-cosme.com/smp/list.php?type=class&b=bulkoff


です!

こちらのサービスは、3点、5点ともに

「組み合わせが自由」 というところがポイントです!!

例えば、


クレイ3本


でももちろんいいし、


スキンディレクション2本・リペアオイル1本





クレイ1本、EXP1本、ヘアオイル1本


のような今までセット販売になっていなかった組み合わせも、お好きに選んでいただけます!
※トライアルセット・定期便商品は対象外です。


さらに、合計金額が3万円以上の場合には5%オフになる高額購入割引も!
(こちらはトライアルも合計金額に含まれます☆)


その代わりに・・・・


※ 今までご用意していたセット商品はすべて廃止となります。

デトキシマリンセットは7月末までのご提供となります。


※ 定期便商品との併用はできません。

定期便商品は、何点お申込みいただいても、一律10%オフです。
現在3点以上定期便にてお申込みいただいているお客様は、定期便を解約し、まとめ買い制度を利用したほうがお得です。
また、定期便に同梱の形でのご依頼も、従来通り定期便対象商品のみ10%オフとなります。ご了承くださいませ。



以前より、カート会社に要望をだしていたサービスがようやく実現しました!
今後も、よりお買い物しやすいサイトを目指してまいります。
ぜひ、自由度の高い、まとめ買い割引をご活用いただけましたら幸いです☆


最後にご参考までに6月の売り上げランキングはこちらでーす!↓

ranking6.jpg


やっぱりベーシックなケア製品が人気ですね☆

特にクレンジングは、他のを使ってみるとミストラルのよさがわかる!とたくさんお声いただいています☆
ほんと、落とすもの大事!クレンジング、洗顔を洗い流すものだから・・・とケチっていると本当に綺麗が遠のく(涙)

そして、EXPはまつげが伸びたというお声がちらほら・・・ペプチドってすごいですねぇ・・・


まとめ買いセールの対象商品一覧は下記よりご確認くださいませ☆

PC → http://www.mistral-cosme.com/bulkoff/

スマホ → http://mistral-cosme.com/smp/list.php?type=class&b=bulkoff



それでは♪


instragramはこちら♪
http://www.instagram.com/mistralmariko/

blogbanner_234-60_0814a.jpg


↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




ロドデノールによる白斑は自己免疫病である ~埼玉医大 松下先生より~

2016年07月01日 16:25

以前、埼玉医大の松下先生と直接お話しする機会があって、その時に伺った話を書きます。

最初に。「免疫」 をおさらい。

何か異質なものが入ってきた時に、「変なの入ってきた!駆除!」という作用のこと。

これは大丈夫ですよね?

で、免疫系の病気というのは、どういうものかというと、


自分のものなのに、それを異物と判断ミスをして、攻撃すること。


超ざっくりですが、だいたいの免疫疾患というのはこういうものです。
本来、問題ないもの、自分自身の組織を、攻撃対象としてしまうというもの。


そして、ロドデノールについても今一度。

ロド

これ、カネボウさんのサイトに載っているんですけどね、もうちょっとわかりやすく説明します。

花粉の時期になると、「レセプターブロック!」みたいなCM見ますよね???

鍵穴に先回りして、似たような形のカギを差し込んで、反応をブロックする!っていうやつです。

それと同じような感じで、ロドデノールがチロシナーゼとくっついて、別のものになって(ロドデノール代謝物)、それがむっちゃ増えると、細胞に障害が発生すると。


でも。ここからが超大事。


通常のメラニン生成を抑制する濃度だと、このようなダメージは発生しない。
濃度を100倍にしてはじめて発生するということがわかっていました。


ここで「わーわー美白成分って危険なんだーーー」と過敏に反応しないでほしくて、

「濃度」が大事であって、塩でもめっちゃ塩を大量に飲めば体に悪いし、細胞にぶち込めば細胞毒性ありになるわけです。

ロドデノールも、一般的な実験では、本来細胞毒性は起きないはずでした。



でも、起きたのはなぜ? ということで、自己免疫病説がでてきました。


どうも、松下先生は、


○ユーザーの2%しか発症していない

○タクロリムス軟膏での治療が有効だった


という点から、これって・・・もしかして免疫系と関係あるんじゃ??と思われたんだそう。
※タクロリムス軟膏は、免疫系のお薬です。

実際に、患者の血液スクリーニング検査をしたところ、HLA-DR4型の遺伝子を持つ方が発症していることがわかり、ロドデノールによって、この遺伝子を持つ人が特異的になんらかのスイッチを押されて、自分のメラノサイトを攻撃し、白斑となってしまった。
ということがわかったそう。敏感肌とか肌質は関係ないってことですね。

で、これをうまく使うと、メラノーマ(皮膚がん)の治療薬に使える可能性があるらしいです。

「白斑は起きちゃうんだけど、がんは治る」と医師っぽいご発言が印象的でした。白斑が副作用ってことですね。

で、このやっかいなHLA-DR4型の遺伝子は、関節リウマチの発症にもかかわっているそうです。

ロドデノール化粧品で白斑を発症された方の一日も早い回復をお祈り申し上げます。


埼玉医大 松下先生の研究室はこちらです↓(スマホだと文字化けするかも。PC推奨)
http://www.saitama-med.ac.jp/uinfo/meneki/index.html



instragramはこちら♪
http://www.instagram.com/mistralmariko/

blogbanner_234-60_0814a.jpg


↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村






最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。