blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



史上最強の人生戦略マニュアル

2010年08月26日 19:22

うあーーーーだいぶ前に買っていながらもその分厚さと読みにくさから途中で投げ出してしまっていた本を盆中に読むぞ!と決意し、やーーーっと読み終えた。

これです↓

史上最強の人生戦略マニュアル


勝間和代の翻訳は賛否両論あるみたいですが、そもそも論として外国の本って言葉の言い回しとかがどうも読みにくいよね。
かずよのせいじゃない気がするよ。(←呼び捨て)

twitterで勝間和代....ってつぶやいたらフォロワーさんがどばーっと増えてなんか期待させちゃったかもしれないけど、私「カツマー」ではありませんのであしからず。
あの骨太な感じ、いかついイメージがどうも好きになれなくて、どちらかというと苦手です。
あ。ちなみにかくいう私も骨太な感じの女なので、自分と重ね合わせて嫌...って事なんですよね。
なんというか女性に限らず、人間一般の魅力って「意外性」だと思ってて、かずよってば見たまんまなんだもん(笑)
超女らしくて、「美」にしか興味なさそうなのにバリバリ理系だけど何か?とか、
体育会系なのに、お礼状がすんげー達筆の筆書きで生け花もやっちゃうよとか。
えーーーーーーー????みたいな意外性がセクシーじゃないですか。え?違う??(笑)


そろそろ本の中身について話しましょうかね。

分厚い本なのと、英語独特の言い回しになじめなくて結構読むのは大変だけど、
絶対に読む事を薦めたい本です。

時間がなくてつらい人は太字の部分とその前後だけ読んでもかなりためになると思う。

まーいくつかかいつまんで紹介しますね。

まず、問題にぶちあたったときに私たちが陥りがちなのは「問題を直視しないこと」なんです。
正当だろうと不当だろうと事実は事実であるということを受け入れずに、こうした扱いが正当かどうかくよくよ考える。放っておけばますます複雑になるだけなのに、現実を受け入れず、事実に対処するかわりに、こんなことが起こるはずがない理由に執着する。

だが、問題がひとりでに解決することは絶対にない。

道は二つに一つ。
気に入らないから現状を受け入れるのを拒み続けるか、それとも現状を受け入れ、攻撃を受けている仲間と自分自身のために立ち上がるか。

行動を選ぶと、結果も選ぶ事になる。

「不当だ」ということにこだわり続けていたら、貴重な時間とエネルギーをずっと無駄にすることになる。
こうした態度を選んでいるのはほかでもないあなた自身だ。

自分が選んでいるものでうまくいってないなら、そのこと自体、現状を変える価値があると示している。
自分の人生や態度、考え方が「正しい」かどうかを自問する代わりに、それでうまくいってるかどうかを自問してほしい。
「うまくいってるか、いっていないか」があなたの考え方や行動をはかる物差しになる。

とね。
これ最初の方の一部分なんだけど、これだけでも相当「ほっほーーー」って感じじゃない?
この間にちょいちょい誰々の例.....とか入ってくるから読みにくいし長いんだけどさ(笑)



人生の法則2の「人生の責任は自分にある」もなかなかよい。

仕事が気に入らないなら、それはあなたの責任だ。関係が行き詰まったなら、それもあなたの責任だ。
太りすぎているのも,異性を信じられないのも、幸せでないのも、すべてあなたの責任だ。

人生の何らかの時点で怒りを覚えたり、傷ついたり、どんなかたちであれ動揺し、そうした感情をいまだにひきずっているとすれば、それはあなたの責任だ。

たとえ自分が正しくて、相手が間違っているとしても、あなたの問題は解決しない。
「もしあなたがそんなに正しくて、そんなに利口なら、どうして自分が望む結果を生み出せないのか?」
あなたはこう答えるかもしれない。「私の言葉に耳を傾けてもらえないからだ」
「あなたは、耳を傾けてもらえないという事実に直面している。耳を傾けてもらえない直接の原因は、相手に自分の話に耳を傾けさせる能力がないからだ」
あなたは進んで自分の見方を変え、どんなにそれが困難で異常な事のように思えても、問題を抱えているのは自分だという事実を受け入れなければならない。

かっとなってほかの誰かを責めている時には、自分自身について冷静に判断することができない。
自分の人生を本当にコントロールしようと思うなら、誰かのせいにすることをやめることだ。


これはけっこう面と向かって言われるときっついね(笑)まー私も相談受けたりするとおんなじ事言うけどね。
「あなたの責任だ」っていうとアレだけど、「自分が選んだ」んでしょと。
人間って基本的に「誰かのせいにする」生き物なんだって。ま、どちらかというと、「自分ではなく相手や環境がかわってくれることを期待する」というかね。
私よく言うんだけど例えば彼から暴力を受けているとして、普通は暴力振るう彼が悪い。彼の暴力をやめさせるにはどうすればいいか。ってなるんだけど、
私は「暴力振るう彼を選んでるのはあなた。彼は変わらないから嫌ならさっさと別れなさい」という。
これって最初に書いた事にも通じる所があって、「暴力を受けているのは不当だ」みたいなことにこだわってても何も解決しない。自分の選択、行動を変える事でしか何も解決しないんですよ。
とにかく自分に降り掛かってきた事を「当事者」として対処しなくてはね。だって、あなたの人生なんだから。
誰かが変わってくれるのを待ったり、環境のせいにしている限り、あなたは自分の人生を他の人やモノにゆだねている事になる。

自分の人生は自分で選択し、その選択に責任を持つ事に他ならない!!!


「食べて、祈って、恋をして」のイタリアのシーンでも似たような言葉がでてくるんだけど、例えば恋愛においても
「他の誰かと病的でいるよりも、一人で健全でやっていくという人生の決断を下さなければならない。
信用できない相手といっしょにいるよりも、敬意を持って自分自身を扱い、健全で幸せな生活を一人で送る方がよいと考えるということだ。」

だそうですよ皆さん(笑)

最後、心に残ったのは「許し」

人を許す事で自分自身も解放されるということ。
あなたやあなたが愛する人に対して罪を犯した人間を許すのは、相手のためではない。あなたのためだ。
憎しみを抱く道を選べば、暗いフィルターを通して世の中を見る道を選んだ事になり、暗い世界観を持つようになるという事を知っておいてほしい。

自分を管理する際には、他人から得たいと思っているものを自分で自分に与えなければならない事がままある。
相手が悪かったと思っている必要もない。自分のやり方が間違っていたと相手が認める必要もない。許すのはあなたのためであり、相手には関係ないのだ。
彼らのせいで憎しみや怒り、憤りを抱くようになれば、あなたの負けなのだ。

これは、私も思ってるのですが、「神があなたに代わって彼らを罰してくれる」と。

あのねーやっぱり自分のした事が自分にかえってくるんですよ。
ディーラー時代に、ちょっと人間的にどうかしら??というお客さんの車はとにかく壊れてたり、まーいろんな災難が降り掛かるんですよね。これもひとつの因果応報だなーと思ってました。
そんな事を目の当たりにしたもんだから、例えばすんごい嫌なことされたり、理不尽なことされても自分はとっとと忘れよーと思ってます。
だって私が仕返ししなくても、どっかで彼らは他の何かに傷つけられるから(笑)
ここで仕返しすると、それがまた自分に返ってくるから、それも嫌だしねー

と、いうことですんごいながーくなっちゃいましたけど、本当にためになる本だからぜひ読んでほしい!
本読むのめんどくさい貴女は、この記事をぜひブックマークしてくださいね♪あは☆


スポンサーサイト





コメント

  1. くう | URL | -

    はじめまして。

    最近このBlogを見つけ、毎日拝見させていただいてます!
    今まで色んな方のBlogを見てきましたが、
    こんなに心が動くBlogは初めてです。
    このBlogに会えてよかった~(^O^)/
    これからも遊びにきますね~!
    暑い日が続きますが、ご自愛くださいませ(*^_^*)

  2. mariko→くうさま | URL | -

    くうさま

    おほめにあずかり光栄です・・・(恥)

    そう言って頂けると、やる気出ます!!!
    これからも皆さんのためになるような情報をご提供できるよう頑張ります☆

  3. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunkoujyou.blog19.fc2.com/tb.php/1816-e896f17e
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。