blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



男性チョイスと車チョイスは似ている!?

2010年10月18日 13:16

さて、大親友がひとつの恋を終わらせました。

ここにきて「どんな人かも大事だけど、単純に自分が好きか嫌いか、合うか合わないか、一緒にいるだけで楽しいのかっていうシンプルな事が大事なんだって気付いた」という彼女の言葉。

んなんあたりまえじゃん!と思った貴女はいいとして。

確かにあたりまえなんだけど、これ意外と見過ごしてしまっているかもしれないと思ったりした。

彼女は人に合わせるのが上手だからこそ、たいていの人にあわせられてしまう。
たぶん社会人としてうまくやってる人ってそれなりにこのスキルあるよね?いわゆる「協調性」ってやつですよ。
そうすると好きとか嫌いとかって感情をどうにか自分でごまかしたりして生きていく事ができてきちゃったりするんですよね。
彼女は一度「私は常に『自分を受け入れてもらわないといけない環境で生きてきた』」と言った事があって、それがいかに自分を外部にすりあわせて生きていたかを物語っていると思う。

私には全くない部分なのでたいそう尊敬しているんだけどね。彼女のそういうところ。

ところがそういう事を続けているといつのまにか自分の気持ちとかをどこかに放置したままでも、社会活動の一環として恋愛関係が成立しちゃったりする。
でも、「やっぱちげーだろ。好きじゃないわこの人。」と気付いた事で彼女は大きく成長した気がします。


はい。私はこの話を聞いて


車の決め手は結局価格とデザインとフィーリング


という自論を思い出したのです。

皆さんがさて車買うかと思った時に、まー自分の予算などを考えてその中で一番条件のいい車を選ぼうとしますよね??
で、スペック、要は馬力とかエンジン排気量とか、ライトがどうとか、後ろの座席がリクライニングしちゃうよとかそういう細かいところをいろいろ見ていくんだけど・・・

でも、まーたいていの場合営業マンがカスだったとかそういう場合を除いて


結局 価格とデザインとフィーリング


なのよ。でもね、価格って言っても、同じぐらいのクラスの車なら対して性能変わらないわけ。だから結局デザインとフィーリングって事になっちゃうのよ。
いろいろ細かいところみていっても結局フィーリングの良し悪しに勝るものってないわけ。

例えば、○udiは同じ価格帯の別ブランドと比べたら革新的だし、スペックよかったりするんだけど私は○udiのデザインが好きじゃないから絶対買うことはないのね。
スペック重視で見ても、「フィーリング」の合わないもんはどうにもこうにも無理なわけです。

なんでこの車を買ったんですか?という質問に「サンルーフがついているから」とか、「他ブランドよりも馬力がちょっと多いから」とかスペック的な答えをする人はあんまりいないの。

「走って気持ちいいんだよ」とか「マスク(顔)がかわいいじゃん」とか感覚的な事を言う人が多い。

結局車選びってそういうもんじゃないかと。

でも、人間にたとえたらどうだろうとか思っちゃうの。
年齢を追うごとに私達は相手がやれどこに勤めているとか、年収高いとか、学歴だのなんだのスペックを重視しがちではないかと。
燃費いいのかしら?とか何馬力??という事に気を取られて、フィーリング無視してうっかり車を決めてしまうと


スペックはいいけど、なんだか合わないわ・・・


という事になりがちでは?と。こういう車には結局愛着がわかず失敗チョイスになってしまう。


面白いんだけど、300~500万くらいのいわゆる「高級日本車」が一番機能的で素晴らしいという点も注目しておきたい。
1000万超えの車だったり、3000万・5000万クラスの高級外車が必ずしも「機能的でない」という事実ね。燃費だって200万のプリウスとかその辺がすごくいいでしょ。フェラーリなんて3000万近くするのに基本リッター4キロしか走らないんだからね。つい去年「リッター7キロも走るフェラーリ!カリフォルニア!」なんて言ってるぐらいだから(笑)
スペックと価格は必ずしも連動しないというのは人間も同じ?(笑)
稼ぎが多ければ高尚な人間かというとそうじゃない場合もあるのと同じですね。周囲の羨望のまなざしと引き換えに我慢しなくちゃいけないことも実はたくさんあるんです。


結局その車が自分の「フィーリング・価値観に合うか」が大事じゃないですか。


いくら人気がある車でも自分に合わなければ意味ないし、自分が好きであれば他人にとってのポンコツでもいいじゃないと思う☆


そしてもうひとつ。


「なんとなく言い寄られて付き合ってるけど、これでいいんでしょうか?」みたいなケース。

もし貴女がフェラーリ欲しい!と思っているとしたら、ベンツやポルシェの誘惑をきっぱり断ること。
そんなところで無駄金つかったら、フェラーリ資金がなくなります。
フェラーリまがいの車を何台買っても意味ありません。
そして、フェラーリが手に入る!と思ったときには思い切って手持ちの車をすべて売る覚悟をつけること。
「キープのこま」に時間とお金を費やされていたら、いざという時一番欲しいフェラーリを手に入れられません!!!


ということでイマイチ自分でも何書いているのかわからなくなってきましたが、
なんやかんや言っても「自分の感覚」に従って決断してけばいいのではと。恋愛は。
スペックはおまけで、よければラッキーぐらいな心持ちでいたら判断失敗しない気がした今日この頃でした。


最後まで読んでくださってありがとう!!


スポンサーサイト





コメント

  1. purl | URL | 233oTK86

    Re: 男性チョイスと車チョイスは似ている!?

    なるほど。うん。そうかも(苦笑)
    最初どこが?って思ったけれど、確かにね。うん。分かるわ。
    結局はそういう所がないと、結婚ってことには結びつかないかも。

    そんでもって、アラフォーになってくるとですよ、
    重視すべきはスペックうんぬんより、フィーリングです。

  2. seven | URL | -

    はじめまして

    はじめまして☆
    ものすごく、ものすごく、
    共感させてもらいました。

  3. アキミ | URL | -

    納得~!!!

    ご無沙汰してます><
    いつも楽しく読ませてもらってます!!!

    そして今回も、うん!うん!うん!うん!と
    うなずきながら読ませてもらいました!!!

    ほんとそうだと思います。
    相手の収入とか、経歴とか…いろいろ気にするけど
    要は自分次第だなって。
    好きかどうか。一緒にいたいかどうか。
    結局そこに戻ってきちゃいます。
    車の例えもまさに~!って思いました。

    やっぱりマリコさん好きです~v-238
    ズバっと的確に言ってくれるところ☆

  4. mariko→purlさま | URL | -

    purlさま

    フィーリング大事ですよねーっていうかフィーリングしか大事じゃない気がする。
    お金持ちでも優しくてもフィーリング合わない人とは一緒にやっていけなーいでーす!

  5. mariko→sevenさま | URL | -

    sevenさま

    共感して頂きありがとうございます~!!!

  6. mariko→アキミさま | URL | -

    アキミさま

    お久しぶり!!お元気~~??

    共感してもらってうれしいワ☆
    私も職業とか年収(想定だけど)とかで「好きな気がする」と思いこんだりしたじきもあったけど、
    やっぱフィーリング合わない人とはダメよね(笑)


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunkoujyou.blog19.fc2.com/tb.php/1858-6a33c3d4
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。