blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Le wAtOSA 流プロのメイクを学ぶ

2010年10月28日 19:55


奈々っぺ 信者ならみんな知ってるよね?


DSC09966s.jpg


wAtOSA(ワトゥサ) のニュアンスカラーズ!!


このたび、このワトゥサでフルメイクしてくださるっていうのでいそいそ行ってまいりました。
ワトゥサはメイクアップアーティストの渡辺サブロオさんプロデュースのブランド。
プロの技が凝縮されているアイテム達をたっぷり堪能できそう!とワクワク!


ま、こんなの見せられたら期待するよね~!!!↓



watosa.jpg



P1000849s.jpg


P1000830s.jpgP1000831s_20101028190047.jpg


まず、メイクを落としてもらったんだけど、「顔が冷えてるっ!!!」と言われたのにびっくり・・
私、とにかく冷えがすごくて、でも「冷え症で~♡」とか女子的発言が大嫌いなので知らんぷりしてたんだけど、まーいく鍼やらエステやらで「こんな冷えてる人見たことない」と驚かれる程の冷えぶり。
90分マッサージされても最後まで手足の先は温まらない事なんてザラ!ということで手足だけでなく、しっかり顔も冷えているそうです。残念無念。

特別にマッサージなどもしてもらってだーいぶ顔色よくなったところで、いざメイク開始。
「スキンケアした今結構肌がペトペトしてるでしょ?でもこれでいいの。この上にメイクすることでしっかりメイクと密着して崩れない!というのがサブロオ流。サラっとしてたら上のメイクが滑っていってしまうのよ~」と。ほっほ~。

注目すべきはファンデーションの後のコンシーラー使い。
こちらのスーパーカヴァーファンデーション ポッツという商品。


P1000837s.jpg


私はくまが気になるので、くまをカバーしてもらいました。
「くま 1」でいったんくま部分に同調するように濃くするんです!それから「くま 2」を上から重ねて元の肌色に戻すんです!
そうすると、変にコンシーラー部分が浮いたりせずに自然にカバーできるんですって。
実際やってもらうと、普段くまをいかに明るくみせようかと必死になってたけど一度暗くしてなじませてから明るくすると全然わざとらしさがない!!これはいい方法を教えてもらった!!
ちなみに一番上のハイライトは頬骨の高いところ、Tゾーン、あご先、上まぶたのアイホール、上唇の山におきます☆


ニュアンスカラーズも、シェーディングに使う「シナモン」はこうやってアゴ下にもいれるべし!と教えてもらった。


P1000839s.jpg


やっぱりちゃんと教えてもらうと違うなーっていうか、買った時も教えてもらったんだろうけどやっぱり忘れるものなのね。全然使いこなせてなかった・・・というか生かしきれてなかった。もったいなーい!


さて、最近はつけまー人生まっしぐらなmarikoですが、「えっ!こんなまつげ長いのになんでつけまつげなんてしてるの?つけまつげの方が自まつげより短いじゃない!」と言われた・・(笑)
「マスカラで十分キレイ!オススメはこのパープルよ~♡」とつけて頂いたマスカラは ア マスカラ no 1552 です。
このマスカラ、繊維使っていないのに伸びる伸びる!!!びっくり~!!


P1000843s_20101028194335.jpg

P1000845s.jpg

唇がギャルなのは気にしないで・・・なんだか写真だとすごーく白くなっちゃったのよ。
でもこのパープルのマスカラ、写真だと「パープル」だけど実際には黒に見えるの、で光があたったり近くにくると「あ!紫なんだ!」って気付く感じ。とっても色っぽくて素敵なマスカラよ~!


最後に担当の方とパチリ!


P1000847s.jpg


普段の舞台メイク級の私からすると自然な感じだけど、ただ「なんもしてないよね」なナチュラルじゃなくてちゃんと作りこんだナチュラル。こういうとこがプロなんだなーと思った。


ワトゥサの皆さんありがとうございました~!

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jibunkoujyou.blog19.fc2.com/tb.php/1863-b1bddf45
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。