blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



化粧品業界への影響

2011年04月07日 13:16

震災からおよそ一カ月が過ぎようとしています。

東北にかなりの工場が集まっていた事、それによって自動車業界などに深刻な影響をもたらしていることなどが報道されていますね。

さて、化粧品業界はどうでしょう。私も化粧品業界の一端を担う者として少しお話させてください。

実は今回の地震で、「ポンプ・スプレーメーカー最大手」が被災しました。

化粧品の容器って「ポンプ・スプレーメーカー」と「胴体部分のメーカー」が分かれているんです。

このポンプ・スプレーメーカーは日本には数社しかなく、それらの会社が製造するポンプ・スプレーに合わせて胴体部分を作る・・・というのが通例で、例えば大手化粧品会社なんかは独自の金型を作ってオリジナル容器をつくったりしますが、スプレー・ポンプまで作るのは基本ほとんどなく、オリジナルといっても胴体部分のみというのが通例です。

なので、この胴体部分がいい!と思っても、それに合致するスプレー・ポンプが気にいらないと胴体部分そのものを変えないといけなかったり、またその逆もしかりで、私も素人同然でこの業界に入ったので初めて容器を選ぶ時にとまどったものでした。

このポンプやスプレーは実はかなりの精密機構になっており、そう簡単に「うちでも作るかっ!」と参入できるものでもありません。

今回その数少ないポンプ・スプレーメーカーの最大手が被災したことにより、大手から中小の化粧品会社まで少なからず影響がでています。容易に想像できると思いますが、最大手が被災したことによって別の会社に注文が殺到しているのが現実でその会社もかなりの納期待ちが発生しています。

ということを踏まえると、今後多くの化粧品メーカーがスプレー・ポンプ部分の変更をする可能性が高いです。

ミストラル・コスメティクスでも、アクアベルタ・リモーネ両容器のポンプ・スプレー部分が現時点で供給不可能となっており、次回ロットから容器の変更を検討しています。
特にアクアベルタに関してはスプレーから何か別のものに変更になる可能性が高いです。

アクアベルタのスプレーについては、中身との相性の関係でどうしても勢いが強くなってしまっていて、
そこの改善を求めるご意見も多数頂いて参りました。
また同時にスプレーが便利!というご意見も同程度頂いていたので、スプレーを変更するべきか日々悩んでいたのも事実です。
今、アクアベルタで使っているスプレーがアレでも一番噴出の仕方がマイルドなのですよ・・・他のはもっとびゃーっと出てしまうのです・・・
なので、今のスプレーが供給できないとなるとやはりスプレー式自体を変更した方がいいだろうという結論に至っているところです。


ただ少しずつ、ポンプメーカーさんにも復活の兆しが見えてきているので状況は今後変わるかもしれません。


今回の記事は、この震災での政府や東電の情報提供への姿勢をうけて「物事の経過をお知らせする事」の重要性を感じ書いたものです。

ご理解いただけましたら幸いです。

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jibunkoujyou.blog19.fc2.com/tb.php/1911-dce50be8
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。