blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ハリを感じる成分??

2011年09月27日 14:07

フレグランスジャーナル9月号に面白い記事が載っていたので少しご紹介します。

「使用感に対応する成分をみつける」というテーマなのですが、企画立案者に多数の化粧水を用意して、ハリ感があるものとないものに分類してもらったところ、


ハリ

ハリ2



という結果になったそうです。
この採用率は配合量ではないのでご注意を。

この表をみると、この方がハリ感があると分類した化粧水の多くにPEG-75が含まれており、PEG-75が含まれていなくとも、代わりにPEG-32やPEG-6が含まれていた。

一方でハリ感がないに分類された化粧水にはPEGが配合されていないか配合されていたとしても表示順位から微量であると推定されるものばかりだった。

この例から、この企画立案者はPEGの感触のことをハリ感と表現していることが推定できる。

っておもしろーーーーーい。ま、これ、実際にハリがでているわけではないので、なんというかハリがでているように感じるってことなんですけどね。

PEGはポリエチレングリコールというものなんですが、私はこの成分はあまり使いたくないんですよね。
基本の私のポリシーは、皮膚に対してより作用が穏やかだったり、防腐剤なんかは合成品でもよしとしますが(でないと製品の安全性が保たれない)、できる限り天然由来でいきたいというのがあるので、わざわざ使わないっていう感じですかね。PEGは。


まーでもこの結果見る限り、この企画立案者さんにアクアベルタ渡したらハリ感なしっていわれるんだろうな(笑)
PEG一個も入ってないからね。

でもねーなんというか、このへんは個人の感覚なんですがスキンケアはシンプルがいいと思うんですよね。自分の肌の力を生かす的なね。
結構メジャーブランドとかってクリームとか乳液とかにシリコーンいれたりしてるけど、ま、私個人的にはメイク用品にはシリコーンいいけど、スキンケアにはいらね。って感じ。
製品のすべりをよくしたり、薄い被膜でもって(ていってもサランラップみたいにはならない)肌を保護するとかいろいろいい面もあるし、アトピー肌の人とかは逆にこういう被膜がいい場合もあるんだけど、私はシリコーンはファンデーションとかだけでいいって感じかな。余計な被膜はいらねーです。
被膜をきちんと落とすためのクレンジングなのに、そのあとまたスキンケアで被膜塗ってどーする(笑)みたいな。

ま、感じ方は人それぞれですけどね~

この化粧水ハリがある!!!と思った方、裏面みてPEG入ってたらその感触かもしれませんね。


スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。