blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



油剤にこだわるワケ

2011年12月13日 15:07

さて、オイルクレンジングリモーネのリニューアルが近づいて参りました。

今度は、「オイルクレンジングシトラス」っていう名前に変わります。

今回のリニューアル点は、いろいろあるんですが、香りづけをレモン果皮油からリツェアクベバ(別の名をメイチャン・またの名をリトセア)という精油に変えました。
変わらず柑橘系の香りなのですが、レモンとは一味違って、なんというか元気になる香りなんです!
ついつい手にとって鼻の前でくんくんしたくなっちゃう。

ま、そこはいいとして、今回は油剤のお話。

オイルクレンジングってひとくちに言っても、その内容はほんとーーーーに様々です。

まず、やっすいオイルクレンジングにはだいたいと言っていい程ミネラルオイルが入ってますが、このミネラルオイル、とっても精製されたものだったらほーんとに刺激にならなくて非常に安全性の高いオイルなんですが、結構やっすいクレンジングにはいってるものはそれなりの品質なので肌に刺激になったりするんですよねー

基本うちはミネラルオイル使わないのであんまり興味ないですが、ミネラルオイルひとつとっても原料の値段って全然違うから、そういうところはミネラルオイルひとくくりに語るのは本当によろしくないと思うのよね。一概に悪い原料ともいえない。精製度にかなり依存します。
グレードが高く、ほんとうに精製されたやつはむしろ敏感肌にはオススメしたいぐらいなんだけどね。

で、ちょっと高いクレンジングだったりすると「パルミチン酸エチルヘキシル」とか「○○酸うんちゃら」みたいな名前の油剤がベースになってます。
これはエステル油というやつで、もう何度もブログでも言ってるからご存じの方もいらっしゃると思いますが、脂肪酸にアルコールをくっつけた油剤ね。
このエステル油、いまやファンデーションから美容液、クリームにまで配合されています。
えっ!クレンジングの主剤が美容液に?と思われるかもしれませんが、エステル油ってただの油剤なんで・・・
(こういう原料をつかまえて「美容液クレンジング」とか言ったりするんですよ・・)
皆さまもお使いのファンデーションとかの裏みてみてくださいね。こういう油剤入ってると思います。

このエステル油ですが、安定性がよく、なじみがよくて、シリコーンをうまいこと分散させたり、さらに難溶性の紫外線吸収剤とかを綺麗に分散させる事ができるんです。

たとえば・・・

ネオソリュー

これはサンスクリーンを作るときに、どういった油剤を選ぶと、きれいに分散するでしょうか~という実験の写真ですが、こういうの見ると一目瞭然で、右2点の油剤とかがクレンジングに入っていれば、こういった普通じゃなじみにくいものも、きれいになじんで落としてくれそうだ!と思いますよね?

私がオイルクレンジングがいいよ!というのは、この「なじませる」事だったり「浮かせる」って事がオイルが一番すぐれているからです。いや・・オイルというかエステル油ですね。

ただ、一番左のオクタン酸セチルもエステル油なので、エステル油といっても種類によってこんなにも違うんだということがお分かり頂けると思います。
だから、同じオイルクレンジングといっても、メイク落ちがよくないとかいいとかって結構変わるんですよ。

で、個人的にはオリーブ油などの植物油はクレンジングには適してないと思ってます。ファンデーションやサンスクリーンの基材として植物油がメインで使われることがあまりないからです。「物質は同じものに溶ける」ので、落とすものと落とされるものは同じような物質であることが望ましいと私は考えています。

この基材になっているオイルで、肌に合わない・合うが変わってくるので、一度オイルクレンジングだめだった・・という方でも、違うものを使ったら大丈夫だった!という事はよくあることです。また逆もしかり。

今回のリニューアルでは、このベースになる油剤組み合わせを再考し、よりメイクや角栓がつるーんと落ちるように、それでいて肌刺激は少なくなるように設計しました。(とはいえ、万人にOKとはいいきれませんが)

上の写真のネオソリューDEっていう原料いれてんですが、このひと、角栓にもいいし、髪の毛の余分なシリコーンもとってくれるから↓ヘッドスパにもおすすめなんです。頭皮の毛穴にこびりついたアブラもきれいになると思われ。

DE.png


こんなのとかもいれてるよ↓

サラコス



そもそも論として・・ですが、ミルククレンジングがいいとかオイルクレンジングはよくないとかそういう事は一概に言える事ではありません。

なぜなら、


クレンジングはお使いのメイクアップ用品やサンスクリーンによって

変えるべきもの



だからです。
その方がどういうメイクをしているかを聞かずして「オイルクレンジングはだめよ!」とか適当なアドバイスしちゃーよくないよ~と思います。

ちなみに、弊社のオイルクレンジングは、全成分の3番目までに「○○チコン」といった名称のシリコーンが配合されているファンデーション・サンスクリーンをお使いの方が対象です。

例えば、ミネラルファンデだけという方なんかは別にミルクでもウォータークレンジングでも、はたまた市販の洗顔料は軽いメイクまで落とせちゃうぐらいの洗浄力があるものがほとんどなので洗顔料でも大丈夫でしょう。
(ウォッシングクレイは余分な皮脂だけしか落とさないのでメイクは落ちません)

ミネラルファンデだけって方もサンスクリーン使ってたら、それの裏をみてシリコーンはいってるか確認してみてくださいね。

シリコーンが入ってるけど、石鹸で落とせるみたいに書いてあるような商品は、基材にシリコーンを使っているわけでなく、粉体をシリコーンでコーティングしているような成分がはいっているものと思われますので、オイルクレンジングじゃなくても大丈夫だったりします。

ただ・・・何度も書いてますが、肌は自分で汚れを落とす事はできないので、クレンジングこそがスキンケアのハイライトだと私は思っています。

どんな方でも、週一回はオイルクレンジングでディープクレンジングすることを私はオススメしていますし、クレンジングや洗顔にこそお金をかけるべきです。

だって・・・所詮、塗るものは「肌にとっては」異物と思われても仕方ないんですよね。
「今美容液だから浸透させよう!」とか「今、ファンデーションだから浸透させないようにしよう」とかそんな意志が肌にあるわけもなく、下手にいろいろ塗るのは肌に負担じゃないかと思ったりするわけです。(自論)
だから私はスキンケアとして肌に塗るものはなるべく少なく、シンプルで。と思っている。まー化粧はがっつりしますがね(笑)


美容業界では、クレンジングはやっぱりオイルじゃないと落ちない・・・ということで一時ミルクやらリキッドやらにシフトした方たちがオイルクレンジングにもどりつつあるなーと感じています。

私からしたらそりゃそうでしょ・・と思うよ。
だって、メイクやサンスクリーンはどんどん落ちにくくなってるんだから、それ相応のクレンジングじゃないと落ちないし、きちんと落ちてないまま美容液とか塗りたくってもしょうがないじゃん。ってね。

まーそんなこんなでクリスマス近くにオイルクレンジングシトラスのDM発送いたしますので、住所変わったよ~という方、そんなもの送ってくれるな!という送付不要の方、info(あっとまーく)mistral-cosme.comまでご連絡くださいませ。
(基本的には一度弊社とお付き合いさせていただいた方にはすべてお送りしています。ですが、一度転居されたなどの理由でDMが弊社にもどってきた方にはお送りしません)


どうぞお楽しみに~☆


スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。