blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



リペアオイルフォーエム その他原料

2012年01月24日 16:23


リペアオイルフォーエム、ベース油剤・セラミド様成分ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル) 20%配合!までお話しました。


で、セラミド関連は他にも入れてます。


☆symrepair® 4%

細胞間脂質の3大構成要素である擬似セラミド・ステロール・脂肪酸に抗炎症成分「ビサボロール」を加え、総合的に皮膚バリア再構築をサポートするsymrepair®を4%配合(symrepair®に配合されている擬似セラミドは、セラミド2に類似)


☆メドウフォームエストリド 2%

メドウフォーム油からできた、セラミドと分子構造が似てる成分。主に、セラミド3・セラミド5に似てます。
フィトリップにも入ってます。


☆YOFCO MAS 1%

これも私が気にいってる原料♪ 「マカダミアナッツ脂肪酸フィトステリル」っていう名前で、これもフィトリップに入ってる(笑)かぶりまくり。水分をがっちり保持してくれて、単独でセラミドみたいなラメラ構造を形成するんですねー。
ラメラ構造ってこんなのね↓ 

ラメラ構造
(日本精化さんより)


なんで、各社がそんなにセラミド類似体をこぞってつくるかというと、セラミドそのものは水にも油にも溶けないため、配合が難しい=大量に配合できません。これはプレミックス原料も同様です。
前回紹介したエルデュウ(ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル))や上記のようなセラミド類似体をうまく利用することによって効率的に、安定的に、また、大量に肌にセラミドを補給することができるからです♪


☆モルティエレラ油 3%

肌のセラミド合成に重要とされる「γ-リノレン酸」を含有するモルティエレラ油を3%配合しました。
植物から採ったものは酸化しやすく、安定性において不安が残りますが、弊社では発酵技術で作られたものを配合しており、酸化安定性に優れています。あの資○堂もクリームなどで採用している原料です。



続いて抗炎症目的の原料・・・



☆DEFENSIL® 5%

豊富なフィトステロール・トリテルペンが痒みやアレルギーなどの炎症を起こした肌を守るフウセンカズラエキス、抗炎症のステアリンドン酸(オメガ3脂肪酸)、細胞間脂質をサポートするガンマリノレン酸を含むシャゼンムラサキ種子油、豊富なステロール・天然ビタミンE・スクアレンで肌に潤いを与えるヒマワリ種子油不けん化物をバランスよく配合したDEFENSIL®を5%配合してます。
ヒマワリ不けん化物は単体でも欧州でベビー用品等に使われているんですよねー。


☆ガチュリンダーマセンシティブ 2%

関節炎の処置のために歴史的に使用されてきたケーパー由来のガチュリンダーマセンシティブ2%配合。
医薬品「オキシフェンブタゾン」が66%炎症を軽減したのに対し、ケーパーの実からの抽出物が、50%炎症を軽減した事から開発された原料です。


保湿系だと・・・


☆ハイドラサリノール 1%

NMFの構成成分として角質に存在する尿素ですが、乾燥肌やアトピー性の肌には尿素の欠乏が見られるんですねー
この点に着目したコディフ社が開発したハイドラサリノール(アッケシソウエキス)は、尿素の生合成・貯蔵をつかさどるアクアポリン8を刺激し、肌の潤いに欠かせないNMF生成をサポート。肌から潤いが逃げるのを防いでくれるんです♪


まぁですねー、私はスキンケアでは乳化剤をなるべく使わない方針なので、「オイル」っていうのをいいことにとにかく油溶性の原料を出来る限りぶちこんだという感じです。

で、ベースの油剤は吸着精製で透明なんですが、こんだけいろいろ入れてるので製品の色はちょっと黄色いです。
(植物由来のものはどうしても色がつく)
そして、薬草っぽい臭いがします。


今週中にはDM発送する予定です。
発売は2月1日から、発送は2月2日からを予定しております。


どうぞお楽しみに~☆


スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。