blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



石鹸について学ぼう

2012年06月20日 19:25

えーとここのブログでも、何度も「洗いすぎはやめましょうね」とか「超乾燥肌なら、とりあえず石鹸やめたらどうです?」とか「キュキュっとした洗いあがりでないと、洗った気がしない!は乾燥肌を悪化させます」とかいろいろ言ってますね。

でも、未だに「よくわかんない!」というお声が多い!!!

ので、石鹸ってなんなんだということを基礎から。

まず・・・・油脂の話からなんだけど、皆さんオリーブオイルとか、ヤシ油とかにはなじみがあると思うんですが、「脂肪酸」って言葉を出すともうわかんねーってなっちゃう。
でも、「オレイン酸」とかは聞いたことあるでしょ?オリーブ油にいっぱい入ってるやつね。オレイン酸も脂肪酸なんです。

脂肪酸っていうのは、油脂の性格を形作ってるものなんです。主な油脂の脂肪酸組成はこちらが見やすいのでぜひ。
脂肪酸のところに書いてある「C」は炭素のことね。炭素数の違い=脂肪酸の違いです。

余談なんですけど、炭素数が少ない脂肪酸を使っていると、ちょっと肌弱い人なんかは刺激がでるかもしれません。
これは、人それぞれ違うものなのでいつもどうり荒れなきゃオッケーでいいです。


で、石鹸作る時にこの油とか脂肪酸が大事になってきます。石鹸の作り方。大雑把に言うと2種類。
本当は「けん化」法の中でもいろいろあって、詳しく知りたい方はこちらを読んでね。

けん化2


「グ」はグリセリンです。ざっくり言うと油脂はグリセリンに脂肪酸がくっついた形が集まってできています。で、これを「トリグリセリド」っていいます。トリは「3」っていう意味。

ふーん。って感じだと思いますけど、中和法で、グリセリンと脂肪酸分ける意味ってなんなの?と言われそうですね。

脂肪酸を選んで、石鹸作れるってことなんですよ。


例えば「けん化法」でオリーブ油で石鹸作ると、ミリスチン酸からリノール酸まで様々な脂肪酸が混合してるわけですよね。

でも、中和法だと、ミリスチン酸とパルミチン酸だけで作る。とかができるってわけ。そこの違い。
さっきチラリと言った刺激の出やすい炭素数の短い脂肪酸を除いて作ることができたりね。
そういうメリットがあります。


ここまで理解できたら。お使いの洗顔料の裏をみてみてましょう。
クレイをお使いの方は、ウォッシングクレイには石鹸成分入っていませんので見ても意味ありませんのであしからず(笑)


「石鹸素地」とか「カリ石鹸素地」 はい。これはわかりやすい石鹸ね。けん化法でできてます。

ちなみに「カリ」はカリウムですよ~
こうやって成分名に「石鹸」って入ってるとわかりやすいですよねー。でも、中和法はわかりにくいのよ(笑)


ミリスチン酸・パルミチン酸・ステアリン酸・ラウリン酸・・・はい。このあたりの名前でてきますか~?はい脂肪酸ですね。

そして、水酸化K(カリウム)・水酸化Na(ナトリウム)ありませんか~?はい。アルカリですね。塩(えん)とも言う。


はい。あったら脂肪酸+アルカリで、石鹸になっておりますね。


ただですよ。一概に石鹸がすべてさっぱりタイプとも言えないんです。処方の工夫によって肌への刺激やアミノ酸の流出もある程度抑えられているものもあります。

だ・け・ど、なんつーんすかね。洗った後に油分を肌の上に残して洗い上げるタイプとかあるんですけど、そういうのだと、結構肌のアミノ酸とかは流出してるのに、肌の上は油分で潤ってる風なのであまり乾燥を感じない仕組みになっちゃってたりするんですよねー隠れ乾燥肌の始まりですね(笑)


えっと、最終的にmarikoはなんで石鹸をあまりオススメしないかというと、まぁ全商品そうとは言えないけど、基本洗浄力がありすぎるだろ。ということなのね。
オイルクレンジングの後、肌の上に残った油分を取り去りたい、朝の洗顔で余分な皮脂だけ取りたい、にしちゃーやっぱり洗浄力強く感じるのです。
前に石鹸について書いた記事とかももしよければ見てみてね。


ミストラルのオイルクレンジングは他社よりもかなりシリコーン除去・角栓除去に力を入れて処方組みしているので、汚れ落ちはいいと思う。でも、リキッドクレンジングみたいに界面活性剤の力でひっぺがすんじゃなくて、オイルでなじませて浮かせるというメカニズムね♪

でも、洗顔はたぶん他社よりかなりマイルドです。
このクレンジング&洗顔のパワーバランスが結構大事なんですよね~美肌のカギを握っているといっても過言ではない。

で、たまーに普通の石鹸タイプっぽい洗顔フォームなのに2回洗うとメイク落ちるとか言ってるメーカーありますけど、えっと日焼け止めとか化粧下地とかファンデにもりもり入ってるシリコーンの事とか無視ですかね?って思うの(笑)シリコーンは石鹸じゃあんまり落ちませんよ~♪


肌は自分で汚れは落とせないんだよ~~~~だから落とすものって大事なんです~~~!!!


あと・・・ボディも私は局部とか脇の下ぐらいしかボディソープつけませんよ。しかも手で洗うし。ナイロンタオルで毎日ごしごしとかもってのほか!たまに首の後ろをアカスリタオルで・・ぐらいならまだかわいいですけど。
毎日ごしごしはダメよ~

他の部分はシャワーで流すだけです。もう夏なんであまりいらっしゃらないと思いますけど、ボディの乾燥が気になる方は、ボディもボディソープつけるのやめましょうね。


ということで、塗るモノなんてどうでもいいんですよ。肌は皮脂とか潤い出せるんだから。
肝心なのは洗うもの。


そろそろ界面活性剤とかもやろうかしらねー。
アニオン界面活性剤・ノニオン界面活性剤・カチオン界面活性剤・両面界面活性剤の違いとかね。
ちなみに石鹸はアニオン界面活性剤だからねん☆


今度気合いいれて書きます。


スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。