blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



イコライズショット 発売間近 その2

2012年10月17日 15:59

「美白原料と言えば?」と言う質問を一般の方にした時、一番多かったのが「ビタミンC」という回答だったそうです。


一般に、化粧品メーカーが新しく開発した美白原料と言うのは、医薬部外品にするための有効成分の申請と共に特許もがっちりとられるのため、他のメーカーが使えないので、「名前がめっちゃメジャーになる」事はすくないのかもしれません。
例えば、m-トラネキサム酸なんかは資生堂が開発した美白剤ですが、これもつい最近まで資生堂が特許を持っていたので資生堂しか使えませんでした。今は特許きれていますけどね。やっぱり、ビタミンCとかに比べると名前は浸透してないですよね。
そういった意味で考えると、すごく一般的で、汎用的に使われているのがビタミンCだと思います。


ただ・・・日本では「ビタミンCそのもの」を化粧品に配合しているものはすくないと思います。
ビタミンCそのものはすごーーーーく分解されやすいのです。そのため、ナトリウムとかマグネシウムとかとくっつけたりしてビタミンCを少しいじった「ビタミンC誘導体」がメジャーです。
こういったものは、化粧品の製剤内ではある程度安定していて(つっても分解されますけどね)、肌に塗った時に肌の中にある酵素で分解されて初めてビタミンCになるという構造です。ちなみに水溶性のものと油溶性のものがあります。個人的には、油溶性のビタミンC誘導体(VCIP:テトラヘキシルデカン酸アスコビル)は結構好きです。


で、ビタミンCなんですけど、まぁざっくり言うと、効果としては ニキビ&美白 と言ったところでしょうか。


メラニンつくれーーーと発注を受けたメラノサイト(メラニン製造工場ですね)での生成過程↓


メラニン生成経路
北海道大学 大学院医学研究科・医学部 皮膚科の「あたらしい皮膚科学 第2版」より



ビタミンCの美白作用っていうのはこのドーパキノンからドーパクロムへの反応を抑制することにより、メラニンの生成を抑制したり、またすでにできた有色の酸化型メラニンを無色の還元型メラニンに変える力もあるらしいです。

で、あたしがあまり水溶性ビタミンCラバーでない理由


①アルカリ性でないと基本的に安定しないモノが多いので、製剤もアルカリ性となる

②分解が不安

③肌の中の酵素で分解されてはじめてビタミンCになるとか、なんか歩留まりどうよ?

④乾燥するモノが多い

⑤刺激が出やすい(配合量増やすと特に)


以上です。

まず、私は「汚れを落とす」という目的以外で肌をアルカリにするのは反対です。洗顔料だって弱酸性のものを薦めるぐらいなので。だからアルカリのもの塗りたくないから。っていうのが理由のひとつ。

「アスコルビン酸グルコシド」っていう糖がくっついた形のビタミンC誘導体は、弱酸性処方でもいけるらしいですけど、そもそも肌の中にくっついている糖を分解する酵素があまりないとかで、つまり、ビタミンCになってくれないという事で、これ意味あんの?と言われています。

分解についてですが、特に水系の処方は分解されやすいです。化粧水とかね。
なので、どうしてもビタミンC使いたいんだよねって方は、「粉末」で買えばいいと思いますトゥベールさんとかで売ってます。粉末で買って、使う前に水に溶かしてとにかくフレッシュな状態で使うのがいいと。

あと、即効性もあるのですが刺激や乾燥が出やすいっていうのもビタミンCをちょっとね~と思う理由でもあります。
なのでどちらかというと、私はオイリー肌やニキビ肌の人にはいいと思うんですよね。

ちなみに水溶性のビタミンC誘導体では、骨格に油になじむものをくっつけて、肌なじみをよくしたAPPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)っていうのもあります。最近はこれが結構多いかな。乾燥もしづらいとか聞くけど、でもこれもアルカリじゃないと安定しないです。


もう一度言いますが、油溶性のビタミンC誘導体(VCIP)は結構好きなので今後何かで使えたらいいなーと思っています。ちょっと面白い原料があるんですよね。VCIPがらみの。


まぁあと、世の中にビタミンC配合のコスメはもう溢れているので、そこ狙っても面白くないから。
みたいな思いもあってビタミンC入れてません。


最後に。


世の中でイイ!と持ちあげられている成分でも、貴女に合うかどうかはまた別の話ですからね。
イケメンで金持ちで、みんなにうらやましがられるようなメンズでも、あなたと相性が合うかはまた別問題って事です。あー恋愛ネタに例えるとなんとわかりやすい!


ついでに言うと、別にビタミンC系のモノ使っていて肌の調子がいいんだったらそれはそれで喜ばしい事なので
いいと思いますよ。貴女の肌の調子がよければそれでいいんです♪


あと、他社のビタミンCもうちのも使いたい・・・みたいなご質問は、私に「どっちかでいいと思います」とぴしゃっと言われるだけですので(笑)


合言葉は「キレイになりたいなら、たくさん塗るな」ですからね。


でも、今回の美白美容液はわけあってさっぱりめなので潤い足りない方はアクアベルタやリペアオイル足してくださいね~♪


今回ビタミンCだけで話し終わっちゃったので・・・
たぶん続く。


 
スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。