blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シャンプーの洗浄剤について

2012年12月17日 16:19

シャンプー鑑定サイトなるものが結構流行っているみたいですね。

洗浄剤について、これはよろしい・よろしくないなどなど書いてあるようですが・・・


何度も言うように


洗浄剤というのは、落としたい汚れのレベルによって変える


事が基本なので、洗浄剤単体であれこれ言ってもあまり意味がないと私は思っています。

マイルドな洗浄剤というのは、汚れ落ちもマイルドなわけで、整髪料バリバリの人がそういうので洗ってもきちんと落ちないという事になってしまいます。


シャンプーに限らず、化粧品全部に言える事ですが、全成分のトップ4番目ぐらいまででその商品のおおまかな特徴というか性格がわかるようになっています。


シャンプーでいうと、


水・ラウレス硫酸Na


このタイプが一番多いのではないでしょうか。ドラッグストア系はほとんどこれですね。
ラウレス硫酸アンモニウムなんていうのもありますが。
ラウレス硫酸Na、とにかく原料価格が安いのでドラッグストアみたいに価格競争力が必要なところで扱われる商品はどうしてもこれ。

洗浄力がありますので、整髪料つけている人にはやっぱりこのくらいの洗浄力が欲しいところじゃないかなと。

ただ・・基本的に「水・ラウレス硫酸Na」みたいなシャンプーは、価格が安い事がウリなのにノンシリコンシャンプーというだけでいい値段するシャンプーがこの骨格だとけっこうがっかりします。
っていうか・・・「ノンシリコン」って流行っているけど、前から市販のシャンプーにはそこまでシリコン入ってなかったように思うんだけど・・・(笑)


あと、少し高級なラインでよくあるのが


水・ココイルメチルタウリンNa・オレフィン(14-16)スルホン酸Na


みたいなタイプ。この骨格はシャンプー鑑定サイトとかだと、「ココイルメチルタウリンNaはアミノ酸系界面活性剤でマイルドですけど、オレフィン使ってるからNG」みたいになってたりしますが、それは少し短絡的な気がします。

繰り返しになりますが、ココイルメチルタウリンNaっていうのはアミノ酸界面活性剤でマイルド。
でも、アミノ酸界面活性剤だけだと泡立ちがあまりよくないのと洗浄力もイマイチです。そのため、オレフィン(14-16)スルホン酸Naで洗浄力と泡立ちカバーという骨格になっております。

オレフィン(14-16)スルホン酸Naはラウレス硫酸Naあたりと洗浄力や脱脂力等、まぁ同格と見ていいと思います。っていうか私はそう思っています。
なので、ラウレス硫酸Na使ってません!といってオレフィン使っている会社もあるみたいですが、個人的には「あまり変わらんやろ」と思ったりしております。

アミノ酸系界面活性剤を使っているシャンプーは、原料の価格が高いのでやっぱり販売価格も高めですが、そんな中で非常に素晴らしい価格なのが資生堂のスーパーマイルドではないでしょうか。
あれは、確か「水・ココイルメチルタウリンNa・ラウレス硫酸Na」の骨格だった気がします。
ぼったくりノンシリコンシャンプー買うぐらいだったらスーパーマイルドの方が断然いいと私は思いますよ。


すべてアミノ酸界面活性剤!みたいな高級シャンプーも出ていますが、これは整髪料をつけない方とか肌が敏感な方向けですね。肌にもマイルドですが、洗浄力もマイルドなんで・・・

ただ、アミノ酸界面活性剤も合わないっていう方やっぱりいらっしゃるので(痒くなるっていう感じが多いですかね・・)、マイルドだからって万人にOKではないことは覚えておきましょう。
アミノ酸界面活性剤は「タウリン」「グルタミン酸」「アラニン」「アスパラギン酸」などなどアミノ酸の名前らしきものが成分名に入っていますので、ちょっと注目してみてくださいね。


シャンプーというのは、水の次になんの洗浄剤がきているかがかなり重要です。


水・ラウレス硫酸Na


とかだと、「あぁ洗浄力わりとあるコスト重視タイプね」と私は思いますし、


水・ココイルメチルタウリンNa・ラウレス硫酸Na


とかだと、「あら!マイルドだけど洗浄力も補ってあって考えてるわね!」って思います。


でも、誰にどんな洗浄剤が合うかどうかはほんと人それぞれ。
頭皮の皮脂の分泌はどうなのかとか、整髪料使っているのかとかによってかなり左右されるので、
全成分を読み解けるようになってご自分に合う洗浄剤パターンを見つけてくださいね♪


シャンプーについては何回かに分けてちょこちょここれから書いていきますのでお楽しみに~♪


スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。