blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



インタビューで振り返る自分の20代

2013年04月10日 13:01

先日、シティリビングさんの取材を受けて、インタビューされたのをきっかけに自分の20代を振り返ってみている今日この頃です。

実はシティリビングさんのご担当の方がずっと私のブログを読んでくださっていたという事で恥ずかしくもあり、またとてもうれしいなーとも思ったり。

本当にあっという間に過ぎ去った20代ですし、ハタチの頃に今の自分を想像していたかというと全く違う自分になっていて本当に「人って変わるな・・・」と感慨深いのですが。

二十歳の頃って私確か専業主婦になりたかったんですよね。
ま、うちの母もそうだったので。今は彼女もボランティアで聴覚にハンディキャップのある学生の横についてノートをとる「ノートテイク」をやっていますが。

うちの父は剛腕で仕事のできる人だったので、そういう人に出会って結婚して、その人を支える事が幸せなのだと思っていました。

大学時代は休みのたびにロンドンに短期留学していたのですが、そこで出会う「結婚しても、子供ができても働きたい。家以外の場所で社会的に自分の居場所場がないと嫌」なんていうカッコイイおネエ様の意見にも「まじっすか・・・ありえんな」と思っておりました。

でも、仕事をはじめてみて、仕事って面白いなーって思ったので、やっとおネエ様のいうことが理解できるようになりました。

んでもって、2社経験して会社を立ち上げたわけですが、元々主婦希望だったので、そんなに「経営者になるぞーー」みたいな意気込みってなかったんですよね。
ただ、自分の家族がほとんど経営者なので、抵抗はなかったというだけで。

今思い返すと、私の20代は「経営者になりたい」とかってよりも、化粧品の事を調べたり、勉強している時は唯一、時が過ぎるのがあっという間で、もう何時間やってても楽しくてしょうがない!っていう事が最初にあって、
そのうえで、「20代のうちに時間とお金を自由に使えるようになりたいな~」って事がぼんやり目標だった気がします。特に時間ね。

だから最初は勤めながら化粧品の事はじめて、なんとなく軌道にのってきて、もう時間が足らん!とか、まぁ会社でもいろいろあってやめることになったわけですが、結果それが自分で自分の時間を管理できるという幸せにつながりました(笑)


超行き当たりばったりなのですよ!!!
綿密な計画とか、特になし(笑)


なので、別に会社を興したりとかってすごいことでもなんでもないんですよ。みんなもできます。
ただ、ひとつポイントがあるとすれば、本当に「時間を厳格に使う」事だと思います。

私いつも思うんですけど、お金に関しては皆厳しいのに、時間に関してはとかくゆるーい人が多い気がします。

二万円かしてと言われたら、「はっ!?嫌だ!」って思うけど、「2時間あいてる?」と言われたらやすやすと自分の時間を差し出していませんか?

お金を無駄遣いすると罪悪感が残りますが、時間を浪費してもあまり罪悪感がありません。
お金を盗むと泥棒ですが、時間を盗んでも犯罪ではありません。

だから皆、罪の意識なく、時間を浪費したり、気づかないうちに自分の時間を盗まれているものなんです。

お金よりも何倍も時間を厳格に管理すべきだと思っているのは、

オバマ大統領でも貴女でも一日は平等に24時間。

これは共通の資源なのです。

この24時間をどう使うかで人生が変わっていくのです。



お金はなくしても、また稼いだりして取り戻すことができますが、時間はただただ過ぎ去っていくばかりで二度と戻ってきません。
時間ってめちゃくちゃ大事なのですよ。お金よりもずーーーーーっと大事。

仕事も恋愛も「まぁいっか」で時間を浪費する事ほど無駄な事はないのです。もっとシビアに考えなくちゃ。

今、私は自分の興味の赴くまま、行きたいところに行きたい時にいけるような人生が手に入りつつあり、自分的にはとても幸せなのですが、それはやっぱり時間を意識した結果かなと思います。


自分が何時間費やしてもいい!と思えるもので、

お金を頂く事ができるように意識した結果です。



ただ。忘れないでほしいのが。

私はこの幸せを手にいれるために、愛する夫や可愛い子供などに無縁の生活を送ってきたわけです。

手に入れている自由はありますが、手に入っていない宝物もあります。

旦那さんがいて、子供がいて・・という友達によく「marikoの生活うらやましい~」と言われるのですが、いや私も貴女がうらやましいし。と思うんです。

ほんとうに人ってどこまでもないものねだり(笑)他人のものがうらやましいのよね。

でも、結局みんな何かをあきらめているし、ババひいてるし、でも、それよりも今の状況を取ったということでしょう?
みんなだって、私のような進路を進むことだってできたわけだし・・・


人の幸せは人それぞれ。でも、どんな人生でも、「時間の浪費」だけは絶対にやめようね。というお話でした。




marikoプロデュース スキンケア: http://www.mistral-cosme.com/
fuyuka プロデュース洗えるリアルクローズ・ルームドレス「sadira」: http://www.m-sadira.com/

スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。