blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2012年の化粧品メーカー売上高トップ10

2013年08月28日 18:02

週刊粧業からの抜粋です。


<2012年の化粧品メーカー売上高トップ10>


1位 花王
2位 資生堂
3位 カネボウ化粧品
4位 P&G
5位 コーセー
6位 ユニリーバ・ジャパン
7位 DHC
8位 アルビオン
9位 ホーユー
10位 ポーラ



1位は資生堂かと思っていましたが、花王なんですね。
しかも、花王とカネボウは親子ですから、強い・・・でも今年は回収とかあったのでなかなか厳しいかもしれません。

コーセーとアルビオンも親子ですね。同系列。


というか、資生堂・花王・コーセーは一緒になっちゃって、世界にでていけばいいのに・・・と思うのは私だけ?
もうさ、業界紙見てても、それぞれが特許とかとって牽制しあってるの、体力消耗するだけだよ。一緒になって、集約させてしまえばいいのに。

トクに中国なんて、日本とは比べ物にならないぐらいのお金かけてマーケティングやらPRしないとダメらしいから、一丸となってドカっと投資しないと、外資に太刀打ちできないんじゃないかなーーー

この記事も面白いです。日本の大手影薄めだけど、DHCががんばっている!すごいね!


ブランド主義の中国に対して、日本は、ここのところ通販会社が元気。


なんか通販メーカーのコスメの方が効きそう


っていうイメージ、あるみたいですね。
そんなイメージにありがたくあやかっているミストラルコスメティクス(笑)


でも、うちの会社は、別にどんなブランドになりたいとか売上こんだけ欲しいとかどこに置いてほしいとかほーんとあんまりないんですよね。

最初の頃、ふゆかに「ビジョンがない・・?」ってあきれられてたんだけど、会社って自分がこんだけでっかくしたい!とかじゃなくて、誰かの役に立って、それが広がった結果お客さまが大きくしてくれるもんだと思うし。

別にその時いいと思ったものを作るだけで、それがもしかしたら私以外の誰かの役に立てるかも~て感じで売ってるんで。

やっぱり、売れると、それだけ誰かの役に立ってるんだ~ってうれしいし、そう考えれば、もっとたくさんの人を幸せにできるチャンスのために投資するべきと思う時もあるけど・・・まぁそのあたりゆるいよね。ミストラル(笑)


ともかく日本の大手さんたちは、ほんと早いとこ一緒になって、巨大コンツェルンになって頂いてブランドは分けても、技術とか集約してしまった方がいいと思うよ。つぶれちゃったりしたら悲しいもの。



blogbanner_234-60_0814a.jpg
スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。