blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



二十歳の君へのメッセージ 

2014年02月03日 16:54

先日、淑徳短大にゲストスピーカーとして招いていただき、授業でちろっとお話しさせて頂く機会がありました。

最初私なんかが話していいのか・・・うーん何話そうかなーーーコスメの事とかうーん・・・うーん・・・

と悩んだ挙句、テーマは好きに決めていいです~ということだったので、前半は「私の20代こんなんでした。今振り返って皆さんにアドバイスするならば・・・」的なものと、後半は「第一印象を格上げするために、髪型と眉に気を付けよう」という2部構成でお話することにしました。


で、そんなこんなで自分の20代の事を話さな・・・と思っていろいろ思い出してみたら、めっちゃいろいろ気づきがありまして。

いやー人間って意識しないと、昔の事なんてどんどん忘れるもんですね。


っていうか・・・・二十歳のころって私どんな事考えてたんだっけと思ったら、




いかに学生のままでいるか


さもなくば


いかに結婚して、主婦になるか





と、働くという選択肢がまったくもってゼロだった事を思い出しました。どこでどう狂ったんだ私の人生は。


ちょうど二十歳のころって、幼稚園からずっと習ってて、プロを目指してたぐらい打ち込んでいたモダンダンスに対して大学に入って情熱が無くなってしまい、なんとなく目標もなくて、目的もなくて、大学もつまらなくて、たまたま旅行でいったロンドンが気に入って、休みの度にロンドンに逃げるという生活を送っていました。


ちょうど、先日ロンドン滞在中の仲良しお姉さまとやりとりしてて、


「あの時、まりちゃんは『私は旦那さんを支える妻にいち早くなりたい』と言ってたのに・・・むっちゃ働いてるしね・・・むしろ私は『結婚しても、働きたい。自分に社会的な立場がないと嫌だ』なんて言ってたのに、今じゃあ主婦だし・・・(つってもこの方住んでるのが日本じゃないから働いていないだけだと思うけど)』


なんて言われて、ほーんとそうだったわ。私。
うちの母親みたく、バリバリ働く父親を支えて生きていこうと思っていたんですよねーなつかしーウケるーどこいったあの時のわたしー


ということで、人って変わるんすよねーーー恐ろしい程に。


特に女性は20代ですごく大きく変わって、男性は30代で大きく変わると思う。

同窓会なんかやった時でも、30歳ぐらいだと、女性はもうその時点でかなり人生バラバラなんですよ。

でも、男性は30歳ぐらいだとさして違いはなくて、40歳になると、やっぱりかなりバラつきもでるし、差もついている(笑)

世の中の離婚のほとんどは、この男女の変化のタイミングが合わない事で起こっているんじゃないかと私は思うよ・・

自分軸でみても、20歳のころに主婦になりたかったなんて、33歳の私はとても信じられません。


でも、人生ってそういうもんなのよねー


自分がとても大切に思っていたものが、大切に思えなくなる日がくるのは悲しい事かもしれないけど、その時にはまた別のものが自分にとって大切になっているんですよね。

変わらないようにするなんてできないし、変わっていってしまうものだからこそ、そういう変化を楽しむのが人生なんじゃないかなーと思ったりします。

変わる事は歳をとればとるほど、怖いことだけど、それは失ってしまうものにフォーカスするから。

失ってしまうものでなく、新しく自分が手にするものにワクワクする気持ちを忘れなければ、変化はとても人生を豊かにしてくれる気がします。



ということで、私のメッセージその1は



変化を楽しむのが人生だ!!



でございました。




blogbanner_234-60_0814a.jpg
スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。