blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



リポフスチンについて学んでみよう

2014年03月19日 19:12

さてさて、ちょっと前からちらほら名前がでてきている「リポフスチン」について書きます。


ところで皆さん、年を重ねるとシミがでてくるわけですが、これ、メラニンによるものだけではないんですね。


いくら紫外線対策に気合をいれて、メラニン工場を刺激しないようにしていても、できてしまう・・・


それが


老人性色素班!!!


ろうじんせいしきそはん   と読みます。


あぁぁぁぁ書いているだけで恐ろしいわ。加齢性のシミとも言います。


簡単に言ってしまうと



細胞の老廃物 なんです・・・



私たちの細胞は、自浄作用、つまりデトックス機能があります。



酸化したタンパク質 → プロテアソームで分解 → 細胞外へ排出



こんなかんじでね。プロテアソームっていうのは酵素なんですけど、傷ついたタンパク質をみつけて分解する人です。

つまり、このプロテアソームが元気に働いてくれればなんら問題ないのですが


年齢と共に、プロテアソームの活性は50%まで減少 することがわかっています。


半分だよ半分。あー恐ろしい。


つまり、



プロテアソームの活性が弱まる



分解されるべき老廃物が溜まる





リポフスチンと呼ばれる集合体に!!




そしてこのリポフスチン・・・


黄色-茶色で、分解不可能色素



なんですよ。分解不可能・・・分解不可能・・・怖すぎる。


さらに、リポフスチンはそこにいるだけでなく、細胞の機能をめいっぱい邪魔します・・・

つまり、細胞のデトックス機能を邪魔しまくり、さらに老廃物もバンバンつくる、細胞にとってこの上ない毒になっていきます。



・・・・こいつが老人性色素班の原因です。



ということでね、この最低最悪の状況を打破するためには


プロテアソームの活性化(デトックス機能の維持)





リポフスチン形成阻害



っていう2つのアプローチが必要なわけなんです。


で、イコライズショットにはもともとこれターゲットの原料入ってたんですけど(コショウソウ芽エキスです)、ビタショットには入ってなかったので、ビタショットにも新たに入れますーそれが4月のリニューアルですーというお話でした。



プロテアソーム・・・リポフスチン・・・ 



皆様ご理解頂けましたでしょうか?



blogbanner_234-60_0814a.jpg

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jibunkoujyou.blog19.fc2.com/tb.php/2634-cb6df034
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。