blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



アイパーフェクションがでましたー その8

2014年05月02日 17:19

アイパーフェクションに入ってる保湿剤いろいろについて。


まずは、リピジュア。


これはあまりにも有名なのでご存じの方も多いはずです。リピジュアっていう名前が相当一人歩きしておりますが、
化粧品の裏に表示されると「ポリクオタニウム-51」だとか「ポリメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン」みたいな超ケミカリーな名前です。

これね、化粧品はもちろん、コンタクトレンズとか手術の時とかとりあえずまーいろいろなところで使われております。


生体適合性が高いんです。


人体に対して悪さしない。人体に適合しやすいっていう意味です。


これね、すごく大事な概念で、特にオーガニック好きの方や、ケミカルなものに拒否反応をしがちな人に聞いてほしいんですが、

「肌に負担が少ない」事を第一に考えると、やっぱりこういった生体適合性の高い合成物をうまく利用する必要があると思うんです。

植物ももちろんパワフルだし、大事。私も植物由来の原料は大好き。

でも、やっぱりハイリスクハイリターンでもある。

なぜなら、植物には肌をきれいにするものだけ含まれているわけではないから。

植物は私たちの肌をきれいにするために生えてるわけではないので、ほかにもいろいろ不純物を含んでいるわけです。

そういったものが私たちの肌に悪さをすることも往々にしてあるわけで・・・

だからこそ、植物だからすべて安全とか、合成ものはすべて危険!とかっていう考え方ではなく、ひとつひとつ原料を見ていく必要があると私は思っています。

リピジュアについてはこちらが詳しいです。よろしければ見てみてください♪



続いては、異性化糖。



そうですねー清涼飲料水とかでよく見ますかね。この名前。

化粧品の世界では「モイスチャーマグネット」なーんて呼ばれてたりします。

72時間も保湿する!っていうのがこの原料のウリ。

なんでマグネットかっていうと、角質細胞にいるアミノ酸「リジン」にくっつくから。

んでもって、NMFやらヒアルロン酸やら、セラミドやらを造る遺伝子を刺激する。つまり、これらが増える。


1%の異性化糖を4週間 サメ肌状態の方に塗った時のbefore・after


異性化糖


上がbefore で 下がafter。縦で見る写真です。


リピジュアも異性化糖も、安い化粧品にはあまり入っていない(入っていたとしても本当にちろっととかだと思う)のですが、機能性保湿剤として知っておいて損はない原料ですよん。


あと、ミストラルではおなじみのセラミド様成分「ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)」や「マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル」などなど油溶性の保湿成分も入れています。

この二つは、フィトリップやリペアオイルにもたんまり入っています。

今回はミストラル的に初めてのクリームなので、水溶性の保湿剤と油溶性の保湿剤、両方配合することができました♪

今後クリームやミルク製品も作っていこうかなーと(もちろん界面活性剤は使わないで)現在画策しておりますのでどうぞご期待くださいね!


あ、ちなみに7月ぐらいにまた新製品でますよーーー夏限定商品もでますよーーー♪


それではみなさん楽しいゴールデンウィークを!!

blogbanner_234-60_0814a.jpg
スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。