blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「守り」と「攻め」を使い分けるスキンケア

2014年07月24日 18:56

昨日のこれ↓


スキンケアチャート

についてもう少し踏み込んだお話をば。


イコライズショットとビタショットは攻めですよー

アクアベルタは守りも攻めも両方しますよー

リペアオイルは守りですよー

デトキシマリンピールはデトックス・・まぁどっちかというと守りですよー細胞を休ませてあげる的なね。


で、普段は、お好きなようにお好きなものを2品以内で(できれば1品)組み合わせて頂いていいんですがね。

これから、夏。 旅行行ったりして、普段よりも紫外線浴びる時間が多くなったりしますよね。


そんな時は、攻めじゃなくて、守りのケアをしてほしいんです!!


日焼け = 炎症


であることを忘れないでいただきたく!!

つまり、炎症があるところに、攻めちゃダメでしょ。優しく守ってあげてーーー!!という事です。

は?紫外線対策セットとかいってビタショットとかイコライズとか売ってたやん!と思った方。

いいんです。普段はいいんです。イコライズでもビタショットでも。

今回話しているのは、「いつもよりも長く日光浴びた」とか「あきらか日焼けした・・・」という時。


そこで、私が旅行に行って日中外にいた時や、うわーー今日絶対焼けたわ・・という時どう「守りコスメ」を使い分けているかをご紹介します。


赤くなったりヒリヒリしたりはしてないけど、今日は一日外にいて、絶対日に焼けたって時は・・・


resize0005.jpg

とりあえず、アクアベルタをベタベタに塗ります。

頭おかしいぐらいぬります。冬でもこんな塗らないよ・・ぐらい。


ベタつきすぎじゃない・・・っていうぐらいでちょうどいいです!!!


さらに。日焼け止めをちゃんと塗っていればそうそうなることはないですが、


ヒリヒリして明らかに肌が赤い。絶対にヤバイ。っていう時は、

resize0006_2014072418434555f.jpg

リペアオイルじか塗りです。


だからどんな旅行にもリペアオイルだけは持っていく私・・・


よろしいでしょうか。花粉の時などもそうなのですが、皮膚って最弱になっているとき、


化粧水とか美容液とか、水っぽい化粧品がしみます。


これは、水っぽいコスメには、BGとかPGとかDPGとか、プロパンジオールとか、保湿剤兼防腐助剤みたいな多価アルコールがたいてい入っていて、これらがしみるんです。

アルコールフリーって書いてあるコスメでも、それはエタノールフリーということで、たいがい、BGあたりは入ってると思います。

ということで、最弱になった肌には、水っぽいものはつけずに、オイルじか塗りして!!と花粉の時とかも言ってるのはこういう理由です。

本気でヤバい時は、オイルだけでもしみたりすることもあるけど、水っぽいものよりかはましな事が多いと思うんです。


ということで、日常生活では、攻めてもいいけど、ちょっとでも「今日はけっこう肌にダメージあった気が・・」というときは、ぜひ守りのケアでいたわってあげてくださいませ。


ちなみに、スポットライトも 攻め & 守り って感じなので、アクアベルタよりもスポットライトの感触が好きな方はこちらでも!

SPbn_SPOTLIGHT_480-480_140703a_20140711171714e59.jpg


スポットライトには、紫外線による酸化ダメージに特化したスーパーオキシドジスムターゼが入ってるから、日常焼けはもちろん、日焼けしたーーっていう時にももちろんいいです。

スーパーオキシドジスムターゼは続けてぬることで、日焼けに強い肌にしてくれるので、本当に夏はいいですよ!


攻めと守りのケアを使い分けて、上手に夏を楽しみましょう~♪



blogbanner_234-60_0814a.jpg

スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。