blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



最近のニキビ対策で思う事。

2015年06月17日 14:13

日々寄せられるご相談の中でも、毛穴と同じぐらい、いや、それ以上にあるかもしれないのがニキビ関連のお悩み。

私の周りの美容通のご意見や、お客様の「コレ効いた!」なんていう情報などなどがだんだん私の中にも蓄積してきて、

こういうところを気を付けて、こんな感じで試したらいいんじゃないかなーなんてのをご紹介したく。

まず、大前提として私の肌はというと、わりと吹き出物でやすいです。
でもニキビって感じじゃなくて、アレルギーぽい側面も多いっていうか、化粧品でも栄養過多だったりするとできる。だもんで、試作品を使っている時はだいたいなんかできてる。(最初、処方が濃すぎる)

まずは、ニキビの基礎知識をいくつか。

前にも何かで書いた気がしますが、ニキビというのは、若いころはおでこや頬にできて、大人になるにつれ、アゴやフェイスラインなどなどに「できる場所」が下がってきます。

生理前にニキビができるのはホルモンバランスで肌の抗菌機能が落ちるから仕方ない(現時点では) とポーラさんが研究発表してましたので、生理前のニキビを減らすのは至難。

元も子もないですが、そもそも、ニキビの原因は人によって様々で、原因がひとつでない場合も多いので、正直いろいろ試すしかない。


ということを踏まえて。


まずは、自分が食べているものを見直す!!!


これは完全に私のパターンですが、以前首に吹き出物がむちゃくちゃできてたんです。それ、野菜ジュースと果物が原因でした。
本当に解明するのに時間がかかりました。
元々スイカとか何種類かは、アレルギー持ちだったんですけど、20代のころはなんともなかった果物達がけっこうダメになってた。
うちの母も、加齢と共にキウイを食べると痒くなったり、イチゴたべるとどーとかいろいろでてきたので、家系もあるかもですが、体にいいと思って食べてたのでねー、しかも若いころは何ともなかったのでびっくりしました。

私のようにアレルギーでなくても、例えば、チョコレートなんかは結構吹き出物を誘発するし、ナッツ類とかもね。

食べたものと、肌の調子との関係を気を付けて観察すると、意外なところに吹き出物の原因があるかもしれません!


さらに。


スキンケアにおいて、注意すべき事は


若者のニキビは、抗菌&皮脂対策 だけど、大人ニキビは乾燥対策が大事!!!


ということです。
だもんで、若者ニキビ用の製品を使っても、からっきしよくならないどころかかえって悪化するケース多し。
皮脂からなにから根こそぎ洗って、さっぱりめの抗菌ローションとかね、乾燥すすむに決まってる。

ただ、私がいろいろ見てきた中でも、年齢関係なく一定の人に効果があると思われるのが、やっぱりビタミンC系。

ということで、ミストラルの中でオススメするなら



まずはビタショット 


それでピンとこなかったら


アクアベルタなり何かサラサラした水分補給死ぬほど&リペアオイル



という感じでオススメしています。 

リペアオイル!?ニキビにオイルなんて一番禁忌と思われがちですが、


大人ニキビの原因は、乾燥であることも多い

ニキビも炎症である=抗炎症成分配合のリペアオイル



ということになるわけです。
実際に、リペアオイルでニキビがよくなりました~♪って方、むちゃくちゃいらっしゃるんですよ。
やはり大人ニキビは乾燥対策大事。

特に、今まで若者ニキビケアをジプシーしてた方、治らないの、乾燥しているからかもですよ!!!
洗顔変えて、保湿強化してください~!
ちなみにアクアベルタに入ってる、ナイアシンアミドは美白効果を認められている成分ですが、これニキビにもいいので。


で、それでもイマイチピンとこないという方。特にアゴやらフェイスラインや首あたりにできてる方。
水もたくさん飲んでるし、洗顔でのフェイスラインのすすぎ残しも絶対にない!と言い切れる方。



ホルモン治療



という手がございます。


これは、クリニックなどで行っていて、低用量ピルを飲む方法です。


私が肌荒れしていたときに知人から聞いたのですが、リペアオイルをゴテ塗りしている間に私は治ってしまったので私は試したことがないので、参考程度に聞いていただきたいのですが、


これ、ホルモンバランス的なアゴ&フェイスラインニキビにはかなり効果があるようです。


元々ピル飲んでる人って肌が綺麗な人が多いらしいし・・
「ニキビ ホルモン治療」とかで検索するといろいろなクリニックがでてきますので、もういろいろ試したけどダメ・・という方、試してみてはいかがでしょうか。


ちなみにいうと、皮膚科もいろいろで、先生によってもかなり考え方にばらつきがあります。
特にニキビ治療は正直、原因もはっきりしないので難しいと、うちの親戚も言ってます。(皮膚科)

今までニキビ治療というと、普通の皮膚科だと結局ビタミン剤飲むとか、ビタミンCローション。
美容皮膚科的なアプローチだとケミカルピーリングなどなどを薦められる方が多いと思いますが、そういった表面的な事でなく、ホルモン治療を行うというのはかなり先進的な先生ではないかと私は思います。

知人で、ホルモン治療行こうと思ったら、皮膚科処方のビタミン剤飲むのやめたらあっさりニキビ治ったって人もいました・・・(笑)なんだったのあのビタミン剤と。

私たち一般人からすると医者というだけでたいそうに思えるけど、とかく皮膚だけに関していうと、化粧品メーカーの研究員の方がよっぽど皮膚を理解しているよな・・・と思うことも。

と、少し話がずれましたが、皮膚科にずーっと通っているのによくならない方は、思い切ってやめてみるOR新しいアプローチのホルモン治療試してみるのもいいんじゃないかな~と。


参考になればうれしいですっ!


blogbanner_234-60_0814a.jpg

スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。