blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



グラース ~Fragonard(フラゴナール)の工場見学~

2016年05月30日 23:05

香水作りの後は、フラゴナールの工場へ。

フラゴナールって日本では練り香水が知られているかな??

フランスでは、練り香水なんてだしてたっけ?という感じですが、とにかくフラゴナールの香水はフランスではとても人気。

フラゴナールの工場は、グラースとエズ村にあり、工場価格で安く買えます♪

まずは工場見学の様子から。

こちらは蒸留の機械↓

image2_20160530215152534.jpeg


そして、昔は、動物の脂をガラスに塗り、その上にこのように花をはりつけて、この花を繰り返し取り換えて脂に香りを移し、その脂をアルコールと混ぜて香料にするという気の遠くなるような作業も↓

image1_201605302151513c2.jpeg


工場内の様子。
お姉さんが触れているのは一番濃い状態の香水↓

image5_20160530215157dc8.jpeg

この手前の瓶ですね。

image3_201605302151547e0.jpeg

今フラゴナールでは、香水の劣化を防ぐためにアルミ缶を採用しています。
瓶よりも約7倍持ちがよくなるそう。オレンジ色のがアルミ缶です↓

image4_201605302151557c9.jpeg


実際はこんな感じ↓

thumbnail_image2.jpg


香水ってパッケージも重要という意見も多いと思うのですが、ちゃらすかしたパッケージよりも品質を守る事が重要!というフラゴナールの姿勢が好きです。


これ全部香水たち!↓

image7_2016053022231295d.jpeg

フランス各地から学生もいっぱい見学にきてる。

image6_201605302223119bb.jpeg

グラースでしか作ってないというたまご石鹸のライン。

image8_20160530222314fe5.jpeg


たまご石鹸↓

image9_20160530222315443.jpeg

お土産にいいよーと言われたけど、石鹸嫌いだから買わない(笑)


こちらは調香師さんのお部屋。美しい!!


image10_2016053022231791b.jpeg

そしてお待ちかねのショップ!!

image11_20160530222651e6c.jpeg

香水はいろいろなサイズがあります。
私は、

etoile (夏によさそうな柑橘系のさわやかな香りで日本人に人気) ×2
Frivole (甘め・重めの香り) ×2
belle cherie (いかにもフランス香水~(真理子比)みたいな香り)

を計5本購入。それぞれ一番大きいサイズ。値段忘れた。けど、たくさん買うとお得でした。

ちなみにフラゴナールはコスメもだしていて、そちらもとっても人気らしく、私のガイドさんなんてフラゴナールものしか使わない!と言ってました。

アルガンオイルを激推しされたのですが、別にここでアルガンオイル買わんでも・・と思い買いませんでした。

で、わたくしはシュガースクラブを買いました~☆↓

thumbnail_image1.jpg


私は週末はデトックスデーとして、体のスクラブ&顔はデトキシマリンピールでケアが習慣ですので♪


最後に、グラースの街の様子を少し。
フラゴナールの工場の裏からでると、にぎわっているエリアへすぐいけます。

こんな街でーす

image12_20160530222652194.jpeg

image13_20160530222654d5c.jpeg

さすが香水の街、香りのものを扱うお店がたくさん。

image14_2016053022265582d.jpeg

image15_201605302226579b8.jpeg


ふらふら歩いていたら教会に

image17_20160530224044f3d.jpeg

image16_20160530224043b1c.jpeg


教会の横から奥に進んだところにあった見晴台みたいなところからの風景

thumbnail_image1 (1)


昔の香水売りの銅像↓

image20_20160530224049c98.jpeg


街の憩いの場から。ほっこり。

image19_20160530224047501.jpeg

image18_20160530224046e5d.jpeg


ちなみに、マイコートダジュールさんのツアーでは、香水作りとフラゴナールの工場見学のほかに

○もう一つの香水工場見学
○植物園
○香水ミュージアム(入場料別途)

を選べるのですが、人気は植物園だそう。
だけど私植物好きじゃないから、香水ミュージアムにしました。
変わってるね・・・とガイドさんに言われつつ・・・(笑)


このミュージアム、意外と面白くて、遺跡から発掘された香水の瓶(要は古い)から、さまざまな香りがでる装置があったり、香水の歴史を楽しく学べるようになっています。

なんでも、かつてのフランスはお風呂に入ると病気になるという迷信(伝染病は風呂の水からうつると思われていた)があって、人々はお風呂に入ることを嫌がったそう。で、体臭を隠すために香水が発達したんだとか。
・・・・・って想像するとヤバイよね。お風呂なし体臭×香水とかもう・・・・想像するだけでコワイ。


ということで、グラースの1day trip でした!


instragramはこちら♪
http://www.instagram.com/mistralmariko/

blogbanner_234-60_0814a.jpg


↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。