blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ウズベキスタン・トルクメニスタンの旅 day2 - 2 レギスタン広場

2016年06月24日 00:29

サマルカンドと言えばーーーーーーーー


青の都!!!


その中でももっともフォトジェニックで有名なのがレギスタン広場ーーーーーー!!!


おぉぉぉ見えてきた見えてきた・・・・


image1_20160623230410860.jpeg


キターーー!!!!


image2_20160623230411bf5.jpeg



めっちゃ綺麗。綺麗すぎる。


image3_2016062323041203f.jpeg

向かって左の建物。
ここはその昔、神学校として使われていました。

image4_20160623230414d45.jpeg

image5_20160623230416e7a.jpeg

image6_20160623230807bac.jpeg

ミナレットは地震などで傾いていて、高さは当時の3分の2ぐらいになっていまっているとか。

image8_2016062323081050b.jpeg

image9_20160623230811e2b.jpeg


建物の中は、お土産屋さんでいっぱいです(笑)


image10_201606232308131bf.jpeg

image11_20160623231058f68.jpeg

image12_201606232311000d2.jpeg


アラブ文字もたくさんのフォントがあるんですね~


image13_201606232311028a7.jpeg




向かって右の建物も神学校。
シェルドル・メドレセといって、シェルドルは「ライオン」の意味。
どこがライオンかというと・・・・

image14_20160623231103195.jpeg


入口のアーチに鹿を追うライオンが描かれていて、その背中には人の顔が描かれています。
ひとの顔を書くっていうのは、イスラム世界ではタブーですが、あえてそうしているのは当時の支配者が自分の権力を誇示しようとしたためだそう。

image15_20160623231105f02.jpeg


正面の建物は、ティラカリメドレセ。ティラカリとは「黄金の礼拝所」という意味。
ここも神学校ですが、長い間モスクとして使用されてきた場所です。

黄金の礼拝所の黄金は建物の中のミフラーブが金!!

image22_20160624002229054.jpeg

このミフラーブはモスクでメッカの方向を示すものですが、この天井のポコポコした感じも、ムハンマドが悟りを開いた洞窟の中を表していると言われています。

この天井はなんとだまし絵。(だった気がする)

image19_201606240022255b0.jpeg

image17_20160624002224126.jpeg

image20_201606240022264e2.jpeg

image21_20160624002227822.jpeg


本当に細かい装飾が美しいですねーーーーこれをみてると心が落ち着く私は前世ムスリムかもしれん。


おまけ。
実はこの旅行のために、ネイルをサマルカンドブルーに寄せていったんだけど、なかなか近い色になってる!!

image25_20160624002529073.jpeg


ちなみに、ティムールが青を好んだから、青い建物が多いんだって!


つづく。


instragramはこちら♪
http://www.instagram.com/mistralmariko/

blogbanner_234-60_0814a.jpg


↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。