blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ウズベキスタン・トルクメニスタンの旅 day7 ~タシケント

2016年06月26日 23:28

国内線でウルゲンチからタシケントに向かい、タシケントの観光へ。

第2次世界大戦後、捕虜として2万人を超える日本人がウズベキスタンに連行され、884名がこの地で生涯を終えたそうです。
ウズベキスタン道中、私たちが日本人だとわかると街の人たちがとても親切だったし、「おしん!」と声をかけてきました。
日本人のイメージがとてもいいのは、実はこの時にウズベキスタンにきた日本人のおかげともいえます。

日本人捕虜の方が中心で建設されたナヴォイ劇場という劇場があるのですが、当時、急ピッチの作業を強いられ政府はノルマを達成できた人にだけ食糧を与えるようにし、労働意欲をあおりました。
それに対し、当時の日本人はチームワークのためにみな平等に食糧を与えるよう交渉し、この要求が通ると、厳しい工期をきちんと守り、期日内に完成させたそうです。

その後おきた大地震で、周囲の建物が倒壊する中、このナヴォイ劇場だけが残り、避難所としても活用されたそうです。

このことから大統領が日本人に敬意を表し、ナヴォイ劇場のプレートは「日本人捕虜により建設」から「日本国民により建設」へと変更されたそうです↓

image3_201606262255360b3.jpeg


ナヴォイ劇場

image5_20160626225537e67.jpeg

thumbnail_image1_201606262256372c3.jpg


私たちは、79名が眠る日本人墓地も訪れ、お線香をあげてきました。



広場がとても広い~

image6_20160626225538273.jpeg

image9_201606262255412d7.jpeg

image8_20160626225540be4.jpeg

thumbnail_image1 (1)



市場にも行きました

image10_20160626225601f11.jpeg


野菜を切る人たち。
料理の手間を省くため、野菜を切った状態で売ってます!

image11_201606262256022a8.jpeg


パン屋。

image12_20160626225604485.jpeg


ナッツ屋さん。

image13_20160626225605f8b.jpeg


市場の近くの建物も綺麗。


image15_20160626231322992.jpeg

image16_2016062623132370b.jpeg

image17_20160626231325639.jpeg



今回の旅で、「ウズベキスタンはイスラム国家ではありません!」とガイドさんが繰り返し言ってたのが印象的でした。

実際にウズベキスタンの国民のほとんどはイスラム教徒です。

だから、「なんでそういうふうに言うの?」って聞いたら

「ウズベキスタンは宗教の自由があるし、だいたいの人はイスラム教徒だけど、女の人は黒いマントを着なければいけないとか、テロがありそうで怖いと思われたくない。イスラム教の悪いイメージでウズベキスタンをみてほしくない」

イスラム国家と、イスラム教徒が多いというのは違う!ということ。
(とはいえ、信教の自由の権利を保証しているものの、ウズベキスタンは国によって認可されないあらゆる宗教活動を禁じている。by wikiより)

確かに、女性の服装なども、ヒジャブ(スカーフ))もかぶっていない人も多いし、黒いアバヤ(マントみたいに体を覆うもの)の方もほとんど見ませんでした。華やかな柄で民族的なものを着ている子もいるけど、カットソーにデニムなど今風の子もたくさんいました。
街でアザーン(お祈りの時間ですよーという放送)が流れることもありませんでした。

私もすべてのイスラム圏にいったわけではないですが、結構国によってイスラム教の戒律をどの程度守っているかって、さまざまなんですよねー
実際に現地に足を運んでみると、そういう違いを感じるのも楽しいし、今回ウズベキスタンやトルクメニスタンで身の危険を感じた事は一度もなかったです。(まぁツアーだしね)

今回私の目的は、サマルカンドと地獄の門でしたが、ウズベキスタンにはヒワやブハラなど他にも見所がたくさんありますので、
興味を持った方、ぜひぜひ足を運んでいただきたいでーす!
また、この記事でウズベキスタンって綺麗なんだなーと少しでも思っていただけたら嬉しいです!



番外編。ウズベキスタンで会った美人たち。


真ん中の子、かわいくないですか!!↓
可愛いから、「写真とろ~」って言ったら、最初めっちゃ苦笑いで、嫌がられてたっぽいけど、写真撮ってみたらちゃんと笑ってくれたー!
image2_20160626231321225.jpeg


この一番左の子↓、セクシーでかわいい!(ウズベキスタンの人にしてはめずらしくメイクは濃いめ)

image1_20160626231318b04.jpeg




さらにさらに独り言。

イスラム建築好きとしては絶対にはずせないのは、イランなのですが、イランばっかりはさすがに父の許可がおりません・・・
それこそイランは、空港ついたときから女性はアバヤとヒジャブはマストというとても厳格なイスラム国家です。
アメリカに悪の枢軸認定とかされてましたけど、実際にイランにいくと、街は清潔で綺麗だし、人々もフレンドリーで本当に親切なんですって・・・みんな「もう1回行きたい」って言ってた・・・・
私がイランに行ける日は来るんだろうか・・・



instragramはこちら♪
http://www.instagram.com/mistralmariko/

blogbanner_234-60_0814a.jpg


↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。