blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



アトピー皮膚炎の光アレルギーはサンスクリーン成分で悪化する&防腐剤問題

2016年08月16日 15:29

香粧品学会誌に載っていた話ですが、ここ最近のアレルギーホット成分が満載でしたので、ちょっと取り上げてみます。


16歳。幼少期より重篤なアトピー性皮膚炎。
太陽光に当たると皮膚炎の悪化。
スキンケアとサンスクリーン剤で光パッチテストを行ったところ、


オキシベンゾン・メチルイソチアゾリノン

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン・オクトクレリン・トコフェロール・香料ミックス



にアレルギー陽性反応がでたとのこと。

欧州は、サンスクリーンにケミカル(紫外線吸収剤)使うのが普通で、日本のようにノンケミカル製品があまりないこともありますが、オクトクレリンは最近すごく国内でもサンスクリーンに使われていますし、トコフェロールなんて日焼け止めに限らず油系の化粧品の酸化防止剤でよーくよーく使われているので、そのあたりもアトピーの方、またサンスクリーン塗って日に当たると皮膚炎発症する方は注意したほうがいいかもしれません。

逆に、別にアレルギーない人は神経質にならなくていいです。
アレルギーがないのに、むやみに避けていると、それだけ選択肢が減ってしまってそれはそれでもったいないからです。(詳しくはこちらからどうぞ)


ちなみに私は、顔は吸収剤フリーの化粧下地の方がやはり荒れにくいなーと思いますが(ものによるけど)、ボディは割となんでも大丈夫なのであまり気にせず、塗り心地のいいもの、被膜が長持ちするものを基準に選んでいます。


最後に、メチルイソチアゾリノンは防腐剤で、これも欧州でパラベンの代替としてひろーく使われていますが、ここのところアレルギーの報告がかーなーりー多いですね・・・・

この防腐剤はカビによく効くことから、シャンプーとかボディソープとか浴室で使われる製品に日本でもよく使われてます。
スキンケアではあまり見ないけど。

防腐剤は化粧品にとって、とても難しいデリケートな問題です。
オーガニック系ではアニス酸やレブリン酸などを防腐剤の代わりとして使っているものも見かけるようになりました。
防腐剤として登録されていないので、防腐剤フリーぽいこと書いているかもしれないけど、実際にアニス酸レブリン酸は防腐効果を期待して配合されています。
防腐剤登録されていないので、上限なく配合できます~と原料メーカーは言ってるけど、それがはたしていい事なのかどうかは別問題だと私は思う。

正直、防腐剤においては何が正しい、何が一番安全なのかは微妙な問題です。誰もこれが一番安全!と言えないと思う。どれも一長一短ありますので、何を重視するかで変わってくるし、人によってアレルギーの出方も違うので、相性で選んでいくしかないと思う・・・
でも最近のメチルイソチアゾリノンのアレルギー報告は相当量なので、これから欧州がどうかじ取りをしていくのかちょっと気になります。


instragramはこちら♪
http://www.instagram.com/mistralmariko/

blogbanner_234-60_0814a.jpg


↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。