blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



EXPに入ってる成分がincosmetics イノベーションアワード金賞受賞!

2016年11月15日 18:09

EXPに入ってる アクアタイド(ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12) が


in cosmetics バンコクで、イノベーションアワード金賞受賞 しました!!!


めでたい!!しかもアジアの会社では初の快挙だそうですよ!(基本ヨーロッパの会社が多い)

完全に自慢ですが、わたくし、この原料正式発売前から目を付けており、EXPに満を持して配合したわけで、

あたしったら先見の明があるなーーーーとどっぷり自画自賛中です。

ちなみに、ここのところのトレンドとして「大気汚染対策」いうなれば「PM2.5対策」というのがあるわけですけど、

これ、アクアタイド配合の化粧品を1日1回、2週間塗っておいた肌と何もしてなかった肌(前腕)に、PM2.5・花粉を含んだクリームを塗って、上から絆創膏みたいなの貼って、閉塞した時の肌の状態をみています↓

アクアタイド2017

赤みの出方がだいぶ違いますよねー?さすがスキンケアワクチンの異名をとるだけある!
実際に、今の花粉って花粉だけじゃなくて花粉とPM2.5くっついちゃってるからこのあたりの抵抗力をつけてくれるのはほんと心強いですよね。


さらに、今回新しいデータをみてておぉぉぉっと思ったのが、βディフェンシンに関して。クリックすると大きく見れます↓

アクアタイド20172

βディフェンシンとは、肌の抗菌ペプチドのことで、2年前にポーラさんが


生理前にニキビできやすくなるのは、βディフェンシンが減っちゃうからだYO!!!


という発表をしておられました。

詳しくはこちらポーラさんHPより↓

月経前に増加する女性ホルモン(プロゲステロン)と、表皮が産生する抗菌ペプチドに着目して研究を行った結果
① 皮膚抗菌ペプチドの一種であるヒトβ-ディフェンシン-3(hBD-3)が、ニキビの主要な原因菌であるアクネ菌に対して抗菌活性を示すこと

② 月経前に増加する女性ホルモンであるプロゲステロンが、ヒト表皮細胞のhBD-3発現を低下させること

を見出しました。このことから月経前のニキビ悪化には、アクネ菌に対する抗菌活性を持つhBD-3の発現がプロゲステロンにより低下することが原因の一つと捉えられ、本研究成果を活用することで、より効果的なニキビケア化粧品の提案につながると考えています。



このほかにも、ポーラさんはβディフェンシンは皮膚のバリア機能を高める作用もあるよーという発表もされています。

ということで、アクアタイドのデータをみると、βディフェンシンがちょっと元気になってるので、肌の抗菌機能やバリア機能改善が見込めるというわけですね。


生理前のニキビももしかしたらEXPで軽減できるかもしれませんYO!


めちゃくちゃマルチな役割を持ってるアクアタイド、もちろんお値段もしますが、やっぱり肌にちゃんと効くものを入れたいよね!

なミストラルが大好きなのもうなづけますよね(笑)


あと、お詫びです。

私以前ノーベル賞受賞「オートファジー」!!の記事で、EXPをプロテアソームのほうに入れてしまってたんですが・・・

オートファジーでした・・・・・・・すみません。完全なるボンミス。すみません。直しました。


それでは☆


20171115.jpeg




↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村



instragramはこちら♪
http://www.instagram.com/mistralmariko/

blogbanner_234-60_0814a.jpg
スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。