blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



最近多いご質問にお答えします!

2016年11月18日 16:57

まず、ミストラルの塗るものの3番と4番をチャートで見ておきましょう。



チャート


さて、夏から秋にかけて、EXPやプラセニストのみでケアしてきた方も多いと思います。

で、ここにきて以下のようなご質問が増えています。


EXPだけだと乾燥するんですが、、、、スキンディレクションたっぷり→リペアオイルに変えるべきでしょうか?
でも、たるみやシワも積極的にケアしたいんです・・・EXPなしは不安・・・


こんな時は、EXPもスキンディレクションも両方使ってください。


EXP→スキンディレクション(潤いに応じて量を増やす)→リペアオイル


でいいんです。2品ルールは?と思う方もいらっしゃるでしょうが、去年EXPがでて、その後スキンディレクションにリニューアルして、その後自分自身の肌で実験したり、お客様とやりとりした結果、

スキンディレクションはあらゆる時に「調節」として使える!

ということがわかりました。
たるみやハリを積極的にケアしたい方はEXPを、
肌のくすみや均一なトーンをより求めている方はプラセニストを
ざらつきが気になる方はデトキシマリンピールを使っていらっしゃると思いますが、


この時期、だいたいの場合3番だけだと乾燥します。


で、3番のあとにいきなりリペアオイルでもいいっちゃいいのですが、たぶんそのうちそれでも乾燥してきます。


こんな時、頼りになるのが


スキンディレクションなんです!!


スキンディレクションの量を増やすと、本当に乾燥が和らぎます。


で、EXPやプラセニスト・デトキシマリンピールを使っている方は、とろみがありますのでその上にスキンディレクションを重ねると、

ちょっとぬるぬるして、肌に入っていかないような気がするかもしれません。

それでもいいのです。朝は忙しいのでなかなか難しいかもしれませんが、夜はできる限りスキンディレクションを増やしてみると、本当に変わってきます。

ちなみに私は、お風呂上りにまずは3番のいずれか→スキンディレクション2回 ほど塗り、ボディケアに移ります。

ボディにクリームなどを塗って、それからまたスキンディレクションを2回ほど。

それからお風呂をささーーっと掃除して、それからまたスキンディレクションを少な目に塗って、すぐにリペアオイル→アイパーフェクションという感じで使っています。
最後のスキンディレクションは、オイルをべたつかせないためのものです。

お子さんがいらっしゃたりすると大変かもしれませんが、少し間を開けることで、よりきちんと肌にたっぷり与えられます。


もちろんこれは私の例ですので、それぞれのお肌によって違うと思いますが、スキンディレクションをうまく使うと、
3番を必要以上にたくさん使うこともなく、スキンディレクションも、単体で使うよりも使用量を減らせます。
イコール、品は増えるが長期的にみるとお財布に優しい。肌も潤う。ということになります。


ちなみに、この間お客様とやり取りさせていただいていて、


EXP⇒スキンディレクション⇒バリアミルク


が一番シワが目立たず、法令線も気にならない!という方もいらっしゃいました。
最後のオイルがリペアオイルではなく、バリアミルクのほうがこの方は合っていたようです。
リペアオイルは肌に溶け込んでバリアとなるオイル、バリアミルクは、肌表面を包帯のように守るクリーム。
それぞれ油剤が違いますので、やはり相性があるのですね。

基本はこうしたらいいのでは?というご案内はできますが、そこからはやはりご自身の肌と向き合っていろいろ試してみていただくしかないので、この組み合わせが一番いい!!というのが見つかるととても嬉しいですね。


ぜひご自身の「心地いい感じ」を見つけてくださいね♪
もちろんご相談も大歓迎です!



↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村



instragramはこちら♪
http://www.instagram.com/mistralmariko/

blogbanner_234-60_0814a.jpg
スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。