blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2016年を振り返って。

2016年12月31日 17:05

「シンゴジラ」の石原さとみにモヤっとし、
「君の名は。」の意味が全く分からず、
「後妻業の女」に笑い、
「世界から猫が消えたなら」にむせび泣いた2016年。

皆さまはどんな一年でしたでしょうか。

私、飛行機では邦画をよく見るんですが、あんまり興味ないけど見るか・・とぼけっとみてた「世界から猫が消えたなら」に
うっかり泣かされてしまい、ポケットティッシュ1個使い切るぐらい機内で泣くという奇行をやってのけました。
CAさん怖かっただろうなー

何がよかったのかって説明するの難しいんですけど、

人はモノを通してコトを経験し、その「コト」がないと人生は味気ないものになってしまう
何気ない日常にもモノを通していろんなコトとつながっているんだな・・

みたいなことを私は感じ取って、なぜか大泣き。私、大丈夫でしょうか。

「聖の青春」を映画館で見そびれたので、JALさんあたり、ぜひよろしくお願いします。

ちなみに、「君の名は。」はもう何が何だか。
時空を超える系のお話しは、わたくしさっぱり理解できないというか、わたくしなにしろシックスセンスのオチを理解できなかった女ですから、意味不・・・・これのどこが甘酸っぱいの!?どこがいいの!?

と思ってたんですけど、

「まだ会ったことがない人の中に、自分にとってすごく大事な人がいるんじゃないか」

という想いこそが思春期なのではないでしょうか。
僕は今もその気分が抜けないですし、自分が物語を作る理由もそこにあると思っています



と原作者の方がどこかで書いているのを拝見して、それを伝えるためにこういうストーリーになっちゃうなんてクリエイターの考えることはぶっとんでんなと思いました。
さらに、自分は思春期の時、そんな想いをもったことはあまりなかったし、これからの未来に思いをはせるような視野の広さなんてイチミリもなく、狭い「学校」という世界の中が自分のすべてだったので、その思考はなかった・・・・とひたすら思いました。

私、以前友達に、


まりこさんは、例えば高い塔とか、とても人里離れたところにいて、そこまで来てくれた人には本当に温かくもてなすけど、
とにかく人との距離をすごくとって全然交わろうとしない。
そのうえ、高い塔とか人里離れたとことかわりとイバラの道なのに、がんばって行っても、もてなすどころか中に入れてくれないこともあるけど(笑)


と言われたことがあって。
一般的に社交的な皮をかぶってるんですが、実は閉鎖的な私のことをすごい理解してるなこの人。と思ったんですけど、
「まだ会ったことがない人の中に、自分にとってすごく大事な人がいるんじゃないか」という出会いへのワクワク感を持ったことがあまりないからなせる業で、こりゃあかんな・・・と思いました。

2017年は「まだ会ったことがない人の中に、自分にとってすごく大事な人がいるんじゃないか」ということを胸に、もっと他人と積極的にかかわろうと思います。怖いけど。


それはさておき。

今年はわたくし自身はとーーーっても穏やかにまるで凪のような一年でしたが、ちょっと身の回りのゴタつきが多かったんですよね。
自分は渦中ではなく、傍観者の立場ではありましたが、ほうぼうで憎みあい、足を引っ張る人たちをみて、

人間関係ってここまでこじれるものかしらーともはや感心すらしました。

一連のごたごたを見てて、


やっぱり、謝れない人間と感謝できない人間はダメだな!


と思いました。あとね、キレちゃダメ。
一度キレちゃうとね、「ここは自分間違ってました。すいません」って全然言えなくなるから!!!
一度刀を抜いてしまったら、なかなかしまえないもんですよね。 しまうと恥!とか思ってしまうし。
しまえなくなった挙句に、その刀をぶんぶん振り回してどんどん損をこうむる人を2016年はたくさん見ました。
気を付けたいなー。

意地を張らないで、「あ、ごめんね」ってすぐいう事、大事だなーって思いました。
自分の正当性なんて主張してもうまくいかないです。
問題は「あなたにとって正しいか」ではなく、「そこがうまくいってるか」ですからね。
うまくいってないことは間違ってる!!!
「正しいか」よりも「うまくいってるか」を重視したいですね。

人間だから判断を間違うこともあるし、失敗することもありますし、それ自体は仕方ないこと。
でも「間違ってた!ごめん」とさっさと謝った方が相手はそれ以上追及してこないもんです。変に言い訳すると追及されるヨ(笑)
すぐ軌道修正すればダメージも少なくてすみます。さっさと仲直りしたほうが絶対いいよ。敵は少ない方がいい。

もめる人って、思考回路がすんごい「ご都合主義」なんだなーとも。
「こうあってほしい」とか「こうあるべき」とか変にポジティブというか、脳内での自分の理想にしがみついて、結果こじらせているという。
もっと現実みようぜ。他人には他人の立場があるし、その周りの状況もさ。

そして、最悪の状況想定して、そうならないようにしていこうぜ。っていう・・・
最悪の状況になったら、全部自分の取り分なくなるっていうか、自分の大事なもの全部失うけど?という人に限って、玉砕覚悟みたいな感じでとんでもない砲撃してくるんですけど、ほんと、絶対にやめたほうがいいです。
謝る、軌道修正するというのは、「本当に自分の大切なものを守る」という事でもあるんですよねー

でも結果振り返ると、ゴタついてもなんとなく思い通りになってるというやっぱり悪運強いっていうか、ウルトラ強運な笹本家。

ともあれ、謝れない・感謝できない人間は終了するという事を思い知った2016年なので、


「ありがとう」

「ごめんなさい」


2017年は毎朝唱えたい気分です。


2016年はヨガを定期的にやるようになり、クリスマスなんて108回のサンサルテーションで煩悩打消しヨガとかやちゃったりして
自分の内面や精神的な部分の深淵に触れたい思いがありました。
今まで突っ走ってきた分、今一度自分ってどんな人間なんだっけーとか、これからどうしたい?みたいな事を、心のアカを落としながら見つめなおしたいというか。
スリランカでは断念したパンチャカルマ、北インドでチャレンジしようかなとか思ったり、何かどんどん研ぎ澄まして、シンプルにしていきたいという想いがここのところずっと続いています。


さて、次なる2017年、ミストラルコスメティクスとしてはまだまだリニューアルが続く予定です。
来年も、たくさん勉強して、たくさん旅して、新しいものをたくさん吸収したいと思います。

そういやミストラル、2017年で10年目らしいです。確か。
アップルって過去を振り返らないというポリシーだかで、○周年とかってやらないんだよ。ってアップル教信者の知り合いが言ってました。
私もどちらかというとそちら側の人間で、10年という数字にそこまでピンときてないのですが、ここまで続けてこれたのも、
わたしの思いに共感してくださったお客様、そして、なによりも思いを形にしてくれる取引先の皆さんのおかげだと思っています。
いつも本当にありがとうございます。

一人ひとりのお客様と直接お話しすることはかなわなくとも、いつもみなさんの美肌と健康を祈っています。

たくさんの感謝の気持ちを胸に、10年目へ。

2017年もどうぞよろしくお願いいたします。


笹本真理子


スポンサーサイト





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。