blogbanner_234-60_0814a.jpg



スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



化粧水選び指南①

2007年09月25日 10:13

今日は日本人が一番消費する、愛してやまない化粧水について♪

とにかく化粧水は自分に合うものがない!ってジプシーしてる人が多いんじゃないかな???

失敗を繰り返さないための、ちょっとした選び方のコツをご案内します☆

まず、市販の化粧水の大部分のベースは


☆水、グリセリンBG

もしくは

☆水、BGグリセリン

のものが多いですね。表示の順番は配合量の多い順に書かなければいけないことになっていますので、この上位3つぐらいは化粧水の性格を決定付ける大切な要素です。
ちなみに1%以下の配合量のものは順不同でOK!という決まりがあります。


グリセリンが多い方はしっとりタイプ!

BGが多いのはさっぱりめ!



と覚えてください。

例えばね、乾燥肌の人が「BG、グリセリン型」の化粧水をいくらジプシーしてもたぶん「しっとりする化粧水」にはなかなか出会えないでしょう。
逆に皮脂が多い肌の人が「グリセリン、BG型」を使い続けても同じね。

ひとつの化粧水で「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」が分かれている場合、グリセリンとBGの配合量が逆になってるだけの化粧水も結構ありますね~

おそらく、一般の方にとっては「全成分表示されてもわからん・・・」という意見が多いと思いますが、成分表示はこういう風に見ていくととても有意義なものになりますよ♪


「○○成分配合!」の言葉に惑わされず、化粧水の基本性格を理解しませう~☆

スポンサーサイト





コメント

  1. マルコ | URL | -

    色々なブログを応援中です!
    応援ポチッ!

  2. はな | URL | -

    うわー、知らなかったです勉強になりました!
    化粧水マニアとしてはダメすぎるw おかげさま
    で化粧水えらびにまたまた楽しみが増えました!
    ①があるっていうことは②もひそかに楽しみに
    しています(*≧з≦)

  3. ららぴ | URL | -

    すごい!Σ( ̄ロ ̄lll)
    なるほど!
    勉強になります・・。
    1%以下のモノは順不同でOKっていうのは
    知ってたけど
    (某100均のQ10シリーズスキンケアは
    1%以下のものが多いから、効果のありそうな
    成分から記載してるとかなんとか・・)

    BGとグリセリン・・・
    知らなかったwww
    メモります!
    ありがとうございます!

    はなぽんに続いて・・・②を
    楽しみに待ってます!!(〃∇〃)

  4. めざせ!才色兼備→マルコさま☆ | URL | -

    マルコさま☆

    どうもありがとうございます。

  5. めざせ!才色兼備→はなさま☆ | URL | -

    はなさま☆

    ためになったかしら~?
    うれしいですわ♪

    というか、友達と話してるときって「みんなこういうことに悩んでるんだ~」って発見することが多いので、
    皆さんが何で悩んでるか教えて欲しい!!!

    今回も、友達との会話の中で生まれた指南なので・・・

    ぜひよろしくお願いします☆

  6. めざせ!才色兼備→ららぴさま☆ | URL | -

    ららぴさま☆

    ためになりました?
    上位3位までがポイントですよ!!!!

    1%以下でも効果のあるものはあるんですけどね~

    まぁ手持ちの化粧水で潤いが足りなければ、グリセリンをちょっと足すだけでもだいぶ変わると思いますよ~♪

  7. はな | URL | -

    こちらの記事、リンクさせていただきました~!
    ご迷惑ならおっしゃってくださいね(*≧з≦)
    完全保存版w また面白いお話楽しみにしてます。

  8. めざせ!才色兼備→はなさま | URL | -

    はなさま☆

    こんにちわ♪

    お~光栄ですわっ!迷惑だなんてとんでもない!

    どうもありがとうございます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jibunkoujyou.blog19.fc2.com/tb.php/805-dfa4d210
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。